1508_mizukishigeru.jpg
水木プロダクション公式サイト「げげげ通信」公式Twitter(@mizukipro)より。

 マンガ家の水木しげる氏が30日、心筋梗塞のため東京都内の病院で死去した。満93歳没。代表作『ゲゲゲの鬼太郎』で知られる水木氏の突然の訃報とあって、ネットには驚きの声が多数上がっている。

 1922年に生まれ、鳥取県境港市で育った水木氏。画家を志していた水木氏は高等小学校卒業後、大阪へ。しかし、太平洋戦争に巻き込まれ、激戦地・ラバウルに出征。その時、爆撃で左腕を失った。戦後は、紙芝居画家となり、58年に貸本漫画家としてデビュー。『悪魔くん』『河童の三平』『ゲゲゲの鬼太郎』など、多くのヒット作を生み出した。

 中でも『ゲゲゲの鬼太郎』は、1968~2009年の間に5回TVアニメシリーズが放送され、実写映画も2作製作・公開されるほどの人気作に。発表から50年以上経った今もなお、多くの人に愛されている作品だ。

 そんな水木氏、最近ではマンガ家としての活躍もさながら、その食生活も話題を集めていた。水木プロダクション公式サイト「げげげ通信」公式アカウント(@mizukipro)は、たびたび水木氏の食事風景を伝えており、今年3月8日の93歳の誕生日には、超巨大ケーキを美味しそうに頬張る水木氏の姿が。ほか宅配ピザや、「伝説のすた丼屋」のすた丼、あずきバー、ハンバーグ弁当などを美味しそうに食べていた水木氏だが、今年9月、深大寺にある鬼太郎茶屋で茶屋のメニューを「おいしそうに平らげていました♪」という報告以来、水木氏の食事風景の更新は途絶えていた。

 だが、当時93歳とは思えない水木氏の食生活を見て、ファンからは「まだまだお元気そうで何より」「水木先生こそ妖怪なのかも……」という声が上がっていただけに、突然の訃報に「あんな食生活で平気かと思ってたのに」「大学生みたいな食生活で話題になって元気だなーって思ってたのに……」と、驚きを隠せない声も多い。しかし、中には「妖怪の世界を見に行ったのか」「元々妖怪。人間界への出張を終えて帰宅しただけ」「絶対どこかで妖怪とかなって生きてそう!」といった、ユーモアにあふれる声も多く上がっている。

 ちなみに現在、「水木しげる版画展」が山梨・岡島百貨店にて開催されていたり、水木氏の名言(迷言)入りの「水木さんのカレンダー2016」が発売中。この機会に水木ワールドに触れながら、故人を偲びたい。

ねぼけ人生 (ちくま文庫)

ねぼけ人生 (ちくま文庫)

その生き方が好きなファンもいたのではないだろうか

「あんな食生活で平気かと思ってたのに」 若者すぎる食事も話題を集めた水木しげる、“妖怪界”へ逝くのページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ出版業界事情ゲゲゲの鬼太郎悪魔くん水木しげるの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!new
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!
人気コスプレイヤー・桜群のモコモコウサギが合法ロリすぎる!!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…