1125_zerotuka.jpg
MF文庫J『ゼロの使い魔』ページより。

 2013年4月に亡くなった、ヤマグチノボル氏の人気ライトノベル『ゼロの使い魔』シリーズの続巻、最新第21巻が2016年2月25日に刊行されることが、25日、MF文庫Jの公式サイトなどで公開された。代筆を務めた作者名は発表されていない。

『ゼロの使い魔』は作:ヤマグチノボル、画:兎塚エイジによって04年から刊行された人気シリーズ。普通の高校生・平賀才人を、召還の儀式で異世界・ハルケギニアへ呼び出してしまった魔法使い・ルイズ。魔法の才能がまるでない“ゼロのルイズ”の使い魔となった才人とルイズのラブコメ&ファンタジーアクション作だ。06~08年、12年と4度もTVアニメ化されるなどTVアニメも人気を博し、特に釘宮理恵演じるルイズのツンデレぶり、キュートさは多くの男性ファンのハートを鷲づかみにし、“ツンデレと言えば釘宮”“釘宮と言えばツンデレ”と囁かれるほどの人気となった。

 だが、11年にヤマグチ氏は自らがガンであることを公表。その後、手術を実施し、執筆を続けながら闘病生活を送るも、13年4月に41歳の若さで死去。ヤマグチ氏の代表作である『ゼロの使い魔』は本編20巻、外伝2シリーズ計5巻を以って絶筆となってしまっていた。

 その後、 ・完結までの残り2巻分のプロットは完成していたこと ・ヤマグチ氏やそのご遺族が完結を望んでいること ・11年3月5日、プロット打ち合わせ時に、編集部が提案した代筆候補の方に続巻の執筆を託すことをヤマグチ氏が依頼していたことなどをMF文庫Jが特設ページにて発表。ファンからさまざまな意見も上がったようだが、国内外のファンからの続巻刊行を望む声が多く寄せられたことで、プロットをその代筆者に託し、15年6月に続巻が刊行されることが決定。

「ヤマグチさん以外の人が書いた『ゼロ使』なんて『ゼロ使』じゃない!」というファンの声にもうなずける一方で、ルイズや才人たちがどんなクライマックスを迎えるのかは気になるというファンの心情も理解できるところ。ここは完結を望んでいた故人の遺志を尊重し、一時代を築いた人気シリーズの完結を見届けてみてはいかがだろうか。

MF文庫J ゼロの使い魔1~19巻セット

MF文庫J ゼロの使い魔1~19巻セット

バトルや男同士の友情も熱いのが『ゼロ使』のいいところと思います

故ヤマグチノボル氏の人気シリーズ『ゼロの使い魔』が5年ぶりに新刊21巻を16年2月に刊行!のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベライトノベル出版業界事情MF文庫Jゼロの使い魔ヤマグチノボルルイズ兎塚エイジの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
人気コスプレイヤー・サク 美顔すぎるすーぱーそに子コス披露!でも体のムチムチ具合は完全再現!!new
【ソフマップ】グラビアアイドル河村美咲が“本気で悶絶”!?「すごくセクシーで……」
【ソフマップ】「普段しない動きを……」お嬢様グラドル工藤紬が初のDVDで“全部”出しちゃった!?
【ソフマップ】アイドルグループ「放プリユース」田中あさみに“筋肉フェチ”が殺到中! チャームポイントで、ふくらはぎ!?

ギャラリー一覧

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
『メアリと魔女の花』はもう観た?