2010年あたりを境として、徐々にデジタル作画の話を耳にする機会が増えてきた。ところが3DCGによるセルルックの話かと思いきや、2D手描きの話である。事情に疎い人でもデジタル全盛の世の中だけに「まだそこなの!?」と思うに違いない。 

 当然ながらアニメ業界のデジタルへの取り組みは、最近になってのことではない。90年代後半に盛り上がりを見せたCGブームの最中で進んだのは主に彩色や撮影に関してだったが、今回は後手となっていた作画も本気で移行を進めなければという雰囲気になってきたようだ。デジタル作画は4Kディスプレーの解像度問題やベテランアニメーターの引退問題など、様々な要因に対する危機感の裏返しでもある。

1118_ryotimo3.jpg
写真:りょーちも監督。

 現在、制作ソフトとして動きが目立つのはフランスのTVPaint、カナダのToonBoom、日本のCLIP STUDIO PAINTと、さながら“三国志”の様相を呈している。そうした状況の下、Flashで「アナログからデジタルに変換する機構を作ってるんです」というりょーちも監督。デジタル作画のキーマンとしても出番の多い彼に話を伺った。(前編はこちら:前回記事参照

■「Web系」と「Flash黄金時代」の邂逅  Flashでデジタル作画ワークの構築へ

1121_ryotimodecode.jpg
TVアニメ『鉄腕バーディー DECODE』公式サイトより。

 08年に放送の『鉄腕バーディー DECODE』では、制作に際してスタジオ(A-1 Pictures)にFlashの制作ラインができた。この制作ラインは、りょーちも監督がキャラクターデザインと作画監督を務めたことで敷かれた(これが注目されたのも、アニメ業界やアニメファンの間のみ)。

アニメ監督・りょーちも、Flashでデジタル作画ワークを構築中 「デジタルだけでやれたら距離の問題が解決」【後編】のページです。おたぽるは、catインタビューアニメアニメ業界事情Flashりょーちもインタビュー夜桜四重奏鉄腕バーディーの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ