森川葵が中川大志にオシッコぶっかけ(未遂)! 今回も酷く、面白かった『監獄学園』4話目ざっくりレビューの画像1
ドラマ『監獄学園-プリズンスクール-』公式サイトより。

 MBSでは「世界野球プレミア12」中継延長のため放送開始が26時25分とかなり遅くなってしまったが、なぁに普段から深夜アニメで鍛えられている我らに死角はない。というわけで、さらに過激にバカに暴走を極めていく、ドラマ『監獄学園-プリズンスクール-』(作:平本アキラ/講談社)第4話をネット上の意見を拾いつつ、ざっくりレビューしてみる。

 千代(武田玲奈)との相撲デートのため、ガクト(柄本時生)の助力も得てプリズンからの脱出に成功したキヨシ(中川大志)。間一髪で時間内に学園へ戻ることもできたのだが、千代の万里へ送ったメールから脱走が発覚。反省房に一人で投獄され、さらに他の男子4人も連帯責任として懲役期間が1ヵ月間延長に。一人罪を背負ったキヨシはシンゴ(矢野聖人)たち3人から仲間外れにされてしまう。一方、裏生徒会会長・万里(山崎紘菜)たちは、“男子退学オペレーション”こと“DTO”という秘密作戦を進行させるのだった……というのが第4話のあらまし。

 画面からもいいニオイがしてきそうな、千代がキヨシをその胸でかばうシーン、多汗な副会長・芽衣子(護あさな)の胸元に浮かぶ汗、無駄に色っぽくしゃぶしゃぶを食すシーン……青少年たちの期待に応え、今回も原作のエロシーンを余すところなく再現! 護あさなとか、グラビアとかで見ると普通にキレイなお姉さん風なのに、本当にすごい。女性キャスト陣の体当たりぶりに、小生は非常に満足でござる。

 もちろん男性陣も頑張っている。キヨシの尻にぶっとい枝がズッポリと刺さるシーンも、カットされずに再現。深夜だというのに声を出して笑わせてもらったが、中川大志ってプロフィールを見るとまだ17歳。何かこう、「大丈夫?」とか言ってあげたくなってくる。

 さて、第4話の最大の見どころは、キヨシにオシッコをぶっかけられ、精神的ダメージを追った花(森川葵)が、リベンジとしてキヨシにオシッコをぶっかけようと迫るというシーンだろう(自分で書いていて、ひどい文面だと思うが、事実なんだからしょうがない)。

 花は原作コミック18巻中、最多となる3回も表紙を飾る人気キャラだ(主人公キヨシ、千代は各2回)。花が可愛く面白くならないと、ドラマの成功は難しいだろうと思っていたのだが、ジャージ・パンツを潔く脱ぎ、テンパりながらキヨシに迫り、イキむ花=森川葵はテンション高くまとまっていて、なかなかに可愛い。これはドラマならではの強みだが、女性が脱ぐ仕草の生々しさ、エロさというのは、やはり2次元より3次元が勝るなと思った次第。ネット上でも「花、ちゃんとかわいいじゃん」「このシチュエーション、興奮するなwww」と、賛辞の声が多く上がっていたようだ。

 ストーリー上、来週はついにアニメ版で水島努監督が怒られたという、「花のメデューサ」シーンに差し掛かるが、ドラマでもやっちゃうのだろうか。「やっちゃえ、やっちゃえ」と声を大にして応援したい。胸チラの女王・杏子(新木優子)の登場とあわせて、期待大だ。

 さて、このへんのエピソードはアニメ版では第5話「学校一の裏切り男」、第6話「復讐するは花にあり」で語られていたエピソード。第3話のレビューでも触れたが、やはりアニメよりもドラマは端折っているが、現状ではカットされた部分について、原作・アニメファンからの不満意見はあまり見当たらない。これは監督・脚本を務める井口昇の構成が、きっちりハマッているということだろう。地味だがかなりすごいことだと思うので、各話の構成などにも注目しながら、追いかけてみようと思う。

森川葵が中川大志にオシッコぶっかけ(未遂)! 今回も酷く、面白かった『監獄学園』4話目ざっくりレビューのページです。おたぽるは、その他アニメアニメ業界事情演劇中川大志井口昇山崎紘菜柄本時生森川葵武田玲奈監獄学園の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ