「週刊少年ジャンプ」情報レビュー

――発行部数約260万部(一般社団法人 日本雑誌協会発表)を誇る最強の少年マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)。そんな「ジャンプ」の最新情報をさまざまな角度からレビュー!

1511_jumpreview07.jpg
「週刊少年ジャンプ」公式サイトより。

 今月16日に発売となった「週刊少年ジャンプ」(以下、「ジャンプ」)2015年51号、表紙と巻頭カラーは『バディストライク』。こちらは以前、弱小女子ラクロス部の奮闘を描いた『クロス・マネジ』を連載していたKAITO氏の衝撃の新連載だ。

 ノーコンだけど140キロの球を放る投手・荒狼亮と、手に髑髏の痣がありバッテリーを組んだピッチャーは最高の力を得ると言われる捕手、“死神”安導要を中心とした野球マンガ『バディストライク』。第1話では、ふたりの出会いの様子が描かれ、今後は甲子園を目指しそうな予感が漂っている。ちなみに、『クロス・マネジ』では多種多様なかわいい女の子が登場したが、今のところ『バディストライク』には女の子が出てきていない。豊口深空みたいな元気っ娘が、マネージャーになることに期待したい。ライバルが多い野球マンガ界に、新たな新風を吹かせることができるか!?

 また、今号の巻頭カラーでは、アニメ『僕のヒーローアカデミア』のキャスト2人が発表。主人公・緑谷出久役は、『弱虫ペダル』(秋田書店)小野田坂道役の山下大輝、オールマイト役には、『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』モハメド・アヴドゥル役の三宅健太が選ばれた。山下は昔ヒーローに憧れていたようで「僕は寝るときに目を瞑りながら自分がヒーローになったことを想像して眠ったり、下手くそな絵を描いて皆とわいわい騒いだりしていました」と述べている。その下手な絵、Twitter(@DaiKing_boy)に投稿してくれることを切に願う。

 その他、巻頭カラーでは『DRAGON QUEST MONSTERS – Joker 3』の冒険の舞台が“ブレイクワールド”であることや、『ドラゴンクエスト ビルダーズ アレフガルドを復活せよ』(共にスクウェア・エニックス)の2つ目の大陸名が“リムルダール”であることなどが発表されている。リムルダールには、シリーズでお馴染みのくさった死体やキャタピラーといった、最初の大陸“メルキド”以上の手ごわいモンスターが登場し、冒険者を苦しませる模様。望むところだね。

 KAITO氏の新連載&ゲーム情報満載でスタートした今号の「ジャンプ」。掲載順は、『バディストライク』に始まり、『暗殺教室』『僕のヒーローアカデミア』、センターカラー『食戟のソーマ』……と続く。『僕のヒーローアカデミア』の作者・堀越耕平氏は「ネーム中に風邪を引き思考が定まらず絶望しました」とコメント。アニメ化も決定しているし、ますます忙しくなることは間違いないので、くれぐれもお大事に。

『クロス・マネジ』KAITO氏衝撃の新連載!! ノーコン&豪腕投手は“死神”捕手が恋女房とな!? 【ジャンプレビュー】のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ漫画KAITOバディストライク僕のヒーローアカデミア磯部磯兵衛物語背すじをピン!と ~鹿高競技ダンス部へようこそ~週刊少年ジャンプの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ