1511_yamato.jpg
牧村康正+山田哲久『「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気』
(講談社)

 この男がいなければ、日本のアニメ文化はずいぶんと異なるものになっていたに違いない。『機動戦士ガンダム』はあれほどのハイクオリティーの作品に仕上がっていなかったかもしれない。『新世紀エヴァンゲリオン』は作られていなかったかもしれない。そして、何よりも第1次アニメブームを巻き起こした『宇宙戦艦ヤマト』は誕生していなかった。この男の名前は西崎義展(にしざき・よしのぶ)。職業はプロデューサー。西崎義展が原案・製作総指揮を務めた『宇宙戦艦ヤマト』のテレビシリーズ&劇場版の与えた影響力はそれほど大きく、アニメ界の常識を次々と破った。

 1974年に『宇宙戦艦ヤマト』のテレビ放映が始まったことで、アニメ番組の視聴者は大人へと成長していくに従ってアニメからは卒業していくもの、というそれまでの固定観念が覆された。松本零士が描いたキャラクターとメカデザインのフォルムの美しさ、高揚感を煽る宮川泰の音楽、放射能汚染という環境問題、地球滅亡まで1年間というタイムリミットの設定、そして未知なる宇宙へ旅立つという壮大なロマンに、オタクという言葉がまだなかった 70年代の元祖オタクたちは夢中になった。

 だが、その一方で西崎義展ほど悪名の高いプロデューサーもいなかった。『ヤマト』シリーズ以外の作品はヒットさせることができず、80年代には人気が低迷。97年と99年には覚醒剤所持と銃刀法違反で逮捕され、2007年まで獄中生活に。そして、キムタク主演の実写版『SPACE BATTLESHIP ヤマト』(10)の公開直前に小笠原の海で事故死を遂げている。西崎が最期に乗っていた船には「YAMATO」と名前が付けられていた。『「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気』(講談社)は西崎義展という男の濃厚かつ波瀾万丈すぎる人生を、そして過剰すぎるエネルギーが注がれたからこそ『宇宙戦艦ヤマト』が一大ムーブメントを巻き起こしたことを解き明かしたノンフィクション本だ。

 本書の第1章、アニメ業界に参入したばかりの西崎と“漫画の神様”手塚治虫との接触が描かれ、読者の心をいきなり鷲掴みにする。西崎はアニメの世界に入る前は、創価学会系の音楽団体「民音」からの仕事を請け負う芸能プロデューサーだった。だが、独断専行と女癖の悪さが祟って、欧州へ逃亡。ほとぼりが醒めた頃に帰国するも芸能界に居場所はなく、そこで目をつけたのが黎明期にあったアニメ業界だった。芸能界や創価学会の強者、各地の興行に絡む暴力団との交渉を日常業務としていた西崎にとって、アニメ業界はいくらでも付け入る余地のある牧歌的な新大陸だった。性善説を信じる手塚治虫が設立した虫プロに潜り込んだ西崎は、まさに羊の群れの中に紛れ込んだ一匹の狼だった。ピカレスクものを読んでいるような、ワクワク気分にさせられる。

 手塚治虫の金銭感覚のなさから虫プロは経営難に陥っており、子会社・虫プロ商事で経営立て直しの役割を求められた西崎は持ち前の口のうまさと押しの強さで、『ふしぎなメルモ』のアニメ化を大阪の朝日放送に売り込むことに成功。ヒロインの体が急に大きくなったり、小さくなるシーンにセクシャルな匂いを子ども心に感じさせた『ふしぎなメルモ』に西崎が一枚噛んでいたことに妙に納得してしまう。さらに音楽畑出身の西崎は三和銀行と提携したワンワンミュージカルアニメ『ワンサくん』を企画する。ワンサを逆さにするとサンワになる。ワンサくんは三和銀行のマスコットキャラクターにもなり、虫プロにキャラクター使用料が入ってきた。西崎はアイデアマンであり、若い頃に舞台俳優を目指していただけに会議でのプレゼンが抜群にうまかった。

 手塚治虫の信頼を得た西崎は虫プロをさんざんに掻き乱し、虫プロ倒産が確実なものになると混乱に乗じて、『海のトリトン』のアニメ化権を自分のものにしてしまう。西崎は才能ある人間を見抜く能力にも優れていた。富野由悠季監督は『海のトリトン』で監督デビューを果たすことになる。富野監督は虫プロで火事場泥棒的なまねをした西崎とは距離を置くが、その後『宇宙戦艦ヤマト』の大ヒットを目の当たりにして、『機動戦士ガンダム』を『ヤマト』以上の作品にしようと西崎への敵愾心をメラメラと燃やすことになる。さらに、『ヤマト』放映時に中学2年生だった庵野秀明監督は、アニメの世界から卒業することを見送る。70年代の『ヤマト』、80年代の『ガンダム』、90年代の『エヴァンゲリオン』は、言うなれば西崎を起点にした連鎖するエネルギー運動だったのだ。

宇宙戦艦ヤマト2199 全7巻セット [マーケットプレイス DVDセット]

宇宙戦艦ヤマト2199 全7巻セット [マーケットプレイス DVDセット]

この人のおかげで、今、アニメが観られるんですね。

創価学会との繋がり、覚醒剤所持に、清純派アイドルとの不倫愛……etc. 悪漢プロデューサーの爆裂人生!!のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ作品レビュー出版業界事情「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気山田哲久牧村康正講談社の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
グラドル川崎あやが朝から悩殺ポーズ!午前中から脳ではなく別のところが覚醒しちゃうよ…new
歌手のELISAがぶりっこセルフィー公開!うぉぉぉっ!めっちゃかわいい!でもそんなことしなくても十分かわいいぞ!!
川崎あやのくびれが芸術的すぎる!完璧ボディーの持ち主なのに実に謙虚…
祝デビュー5周年 Machico Live Tour 2017「DAY’S melody:」東京公演ライブレポ!

ギャラリー一覧

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
『メアリと魔女の花』はもう観た?