S0939611.jpg


 大都会からは遠く離れた2つの県が、マンガを使いどのように発展していくのか。

 10月25日、マンガによる地域おこしを図っている鳥取県と高知県による観光PRイベント「高知×鳥取 まんが王国会議2015 in AKIBA」が、ベルサール秋葉原で開催された。

 このイベントは2013年に高知県と鳥取県が締結した「まんが王国友好通商条約」をきっかけに毎年秋に開催されているもの。今年が3回目になるイベントはリリースによれば「延べ1万人以上の来場実績」だという。

S0999661.jpg

 ホントにそんな大勢が来場しているのか? 半信半疑ながら会場に行ってみれば、確かに大混雑している。なるほど、日曜日の秋葉原でPRブース及び物販ブースを設けているほか、同じ会場で、秋葉原の町おこしイベント「『秋フェス』2015秋」なども同時開催しているわけで、買い物ついでに入場した人もカウントしたら、そのような数字になるかも……。

 果たして首都圏での認知度がどの程度のものかは未知数だが、高知・鳥取両県のまんがを使った振興策は本気だ。高知県は県庁にまんが・コンテンツ課を設置し、高校生を対象にした「全国高等学校漫画選手権大会~まんが甲子園~」を毎年開催している。鳥取県では12年から「まんが王国とっとり」を建国し、米子空港を「米子鬼太郎空港」に。鳥取空港を「鳥取砂丘コナン空港」に改名し、地域振興を行っている。

 そんな両県が出身の声優やマンガ家を招いて開催する力の入ったイベント。だが、鳥取県側からはいきなりの自虐ネタが。

 登壇したVOCALOID・鏡音リン、鏡音レンの声などで知られる鳥取市出身の声優・下田麻美は、鳥取県の特徴として「街ですぐ友達に出会う」「走っている軽自動車が誰の家のものか見ただけでわかる」と発言。「週刊モーニング」(講談社)で『グラゼニ ~東京ドーム編~』を連載中のマンガ家・アダチケイジ(米子市出身)は「高校生活の3年間、ラクビーをしていたが、ずっと殴られていた思い出が……」と、なぜかネガティブ発言を。

マンガで観光PRのハズが自虐的過ぎて行きたくなった! 「高知×鳥取 まんが王国会議2015 in AKIBA」のページです。おたぽるは、イベント情報・レポマンガ&ラノベまんが王国会議2015アダチケイジ下田麻美島本須美窪之内英策高知県鳥取県の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ