パンツ、パイチラ見放題! 想像以上の過激さと再現度だったドラマ『監獄学園』1話目ざっくりレビューの画像1TVドラマ『監獄学園-プリズンスクール-』公式サイトより。かわいい!

 オープニング曲を歌うHaKUのインタビューを掲載したり、当サイトが放送前から注目していたTVドラマ『監獄学園-プリズンスクール-』(作:平本アキラ/講談社)。MBSに続き、TBSでも27日からようやく放送が開始されたので、改めて第1話を振り返ってみる。

 主人公・キヨシ役の中川大志をはじめ、山崎紘菜、護あさな、森川葵、武田玲奈といったキャストや役衣装発表時には、まあまあの好評を博していた実写版。とはいえ、人気コミックの実写化で、しかも好評だったアニメ版の後から放送ということで、ハードルは大層高くなってしまった感もある。おそるおそる視聴したところ……放送開始数分でいきなり胸元アップ&パンツアップ! 予告映像とかで知っていたけど、チラッというレベルじゃねえ、割とガバッという感じのパンツお披露目にテンションは早くも上がる。やったね!

 さて、物語は“男女比率が1:200という元女子高へ入学してしまった男子生徒5人の学園生活とは!?――”という、原作ストーリーに割と忠実に進行していく。ビジュアルはもちろん、キャスト陣の演技も“え、それ、解釈が違ってね?”と違和感を覚えるようなシーンは少なかった。特にガクトは良い感じにキモくなっているのが好印象。アニメ版を経てイケメン化が進み、腐女子のターゲットにもなりつつあったが、久しぶりに“ああ、原作初期はキモかったよなぁ”と思い出した次第である。ガクト役・柄本時生の上手さに感心しつつ、演技派で評価を高めつつあるのに、よくこの役を引き受けてくれたな、と妙に感心してしまうほど。

 30分という短い尺のためか、物語はテンポよく進行していく。その中でもキヨシと武田玲奈演じるヒロイン・千代との出会いのシーンはじっくりと描かれていて、武田の「ごっつあんです」が実にかわいらしくてよかったが、白眉はやはりお風呂シーンだろう。どこからどう集めてきたのか、入浴中の女性キャストたちをかなり多めに揃えていたし、武田のお着替え&ブラジャー&おパンツ様も大公開!!

 VRじゃなくて、もっと良い画質で録画しておくんだったと後悔することしきりだが、素晴らしいのは下着姿に加えて、普通に一般誌の表紙を飾るレベルの武田玲奈にそこまでしてもらうという、ドラマ製作スタッフの覚悟ではないだろうか。そりゃ水着グラビアはよく見ていたけど、下着だぜ! 改めてよくキャスティングできたよな!!

 とはいえ、2次元に描かれていたものを、3次元へ完全に落とし込むというのは土台無理であるし、「TMAかよ(※)」「カラスがしょぼい」といったネット上の批判にも、一部うなずける部分がある。だが、それでもやっぱり、揺れるオッパイやお尻の素晴らしさ、男子生徒たちから感じる気持ち悪さと青い衝動は、3次元ならではの説得力を感じるものだったと思う。

 今回は顔見せぐらいで終わった、裏生徒会メンバーの活躍も楽しみなところ。予告や第2話のあらすじ紹介を見ると、森川葵演じる花による、あの“おしっこシーン”が第2話で、きっとあるはず。早く続きが見たい!
(文・馬場ゆうすけ)

※TMA……アダルトビデオメーカー。人気アニメやマンガをモチーフにしたコスプレAVを数多く制作。コスチュームに止まらず、むしろドラマ部分を重点的に再現する気合の入った姿勢に、意外とファンは多い。

衝動

衝動

どちかというと花ちゃん派です

パンツ、パイチラ見放題! 想像以上の過激さと再現度だったドラマ『監獄学園』1話目ざっくりレビューのページです。おたぽるは、その他アイドルアイドル&声優アニメアニメ業界事情演劇TMA中川大志山崎紘菜森川葵武田玲奈監獄学園衝動護あさなの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
歌手のELISAがぶりっこセルフィー公開!うぉぉぉっ!めっちゃかわいい!でもそんなことしなくても十分かわいいぞ!!new
川崎あやのくびれが芸術的すぎる!完璧ボディーの持ち主なのに実に謙虚…
祝デビュー5周年 Machico Live Tour 2017「DAY’S melody:」東京公演ライブレポ!
人気コスプレイヤー・サク 美顔すぎるすーぱーそに子コス披露!でも体のムチムチ具合は完全再現!!

ギャラリー一覧

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
『メアリと魔女の花』はもう観た?