1510_toriko.jpg
東映アニメーション・TVアニメ『トリコ』公式サイトより。

 現在、グループに別れて伝説の美食屋・アカシアのフルコースを探し出そうとしている『トリコ』。ただ、今月10日に発売された「週刊少年ジャンプ」(以下、「ジャンプ」)46号の掲載話後半あたりから、なんだか様子がおかしい。ファンもその異変に気付き、「打ち切りなのでは?」との予想が始まっている。

 大人の事情により終了した『世紀末リーダー伝たけし!』。その後、「スーパージャンプ」での『RING』を挟み、2008年に「ジャンプ」に戻ってきた“しまぶー”こと島袋光年氏が、次に選んだ題材はグルメだった。タイトルは『トリコ』。“美食”が世界的に流行となった“グルメ時代”を背景に、さまざまな食材の捕獲や採取を行うハンター“美食屋”トリコが、料理人・小松と共に冒険を繰り広げる、バトル要素がだいぶ強いグルメマンガである。

 連載当初は、同じく「ジャンプ」で連載中の『HUNTER×HUNTER』に“美食ハンター”が登場していることもあり、「いや、パクリかよ」「メンチとブハラはいつ出るの」といった声も見られたが、掲載順も安定し、常に上位をマーク。低年齢層の男子を中心に大ヒット(?)連載中だ。

 人気の秘訣は、バトル描写や、『世紀末リーダー伝たけし!』時代から光る島袋氏のギャグセンス。また、『キン肉マン』の超人募集的な“怪物食材募集”も読者のハートを掴み、「ジャンプ」47号でも見開きを割き掲載している。なお、行くところまで行った食材募集は、遂にはグルメ界の各大陸の頂点捕食者に君臨する8種類の王“八王”にまで及び、エリア6を支配する“鯨王”ムーンは読者考案によるものとなってしまった。

 しかし、その『トリコ』が「ジャンプ」46号の掲載話(グルメ342)の後半から急加速。アカシアのフルコースのひとつ、魚料理の“アナザ”を求め、エリア6に向かった小松や千代婆らが、何がどうなったのか、すでにアナザの調理を完了させてしまっている。さらに、19日に発売された同誌47号の掲載話(グルメ343)では、小松が仲間(?)にした“悪意に満ちた天災”スライム(ドン)が、宇宙に到達するほどの大ジャンプを見せたかと思えば、アカシアらしき人物を発見し「ネオ!!!! 見ィ――っけ!!!!!」と叫びながら大激突。

 登場したばかりのスライムのテンションについていけないファンは、「スライムの急いで戦わせてる感」「ひねりすぎた感じなのかも。もはやすべってもいない。ただただ、ワケがわからない」「毎週読んでるのに話の筋がわからない」「話についていけん。完全に読者置いてけぼりの作者のオナニー」と困惑。中には、「こりゃ打ち切りのための駆け足」「打ち切るのか打ち切らないのか、はっきりしろ」「もしかしたら、打ち切り商法なのかも」など、打ち切りという“サウンドバズーカ”を放つファンも。

「ただただ、ワケがわからない…」 『トリコ』の急加速は打ち切りの前兆なのか!?のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ出版業界事情キン肉マントリコ島袋光年週刊少年ジャンプの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
きょう肉肉の合法ロリっぷりがやばい!スクール水着に園児帽!そしてパイパン!!new
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…