1510_nishinokana.jpg
西野カナ オフィシャルブログ『君に会いたくなるから』より。


 10日から放送開始された連続ドラマ『掟上今日子の備忘録』(日本テレビ系)の主題歌に西野カナの新曲「No.1」(SME Records)が起用されている。9月にリリースされた27thシングル「トリセツ」(同)も、映画『ヒロイン失格』の主題歌に起用され、“スイーツ女子の教祖”として不動の人気を誇る西野。今年に入ってからすでにシングル2枚をリリース、11月にはアルバムのリリースを予定するなど、CDが売れないといわれる昨今の音楽業界で、西野の活躍は輝きを放っている。

「“スイーツ女子”といえば、数年前からネット上で流行ったスラングですが、簡単にいってしまえば、夢見がちな女性のことを意味します。西野の歌詞は、恋愛に夢見る女性が現実とのギャップに揺れ動く心を表現していることが多いようで、同世代の女性を中心に多くの支持を得ているようです。また、歌唱力に関しても、桑田佳祐や桜井和寿といった、大物ミュージシャンたちから絶賛する声が上がるほどにレベルは高いようです」(芸能関係者)

 女性からの支持は高い西野の歌詞だが、世間の男性からすると首を傾げるような表現も多く、中には怒りすら覚える人もいるようだ。

「西野の歌詞への批判、といいますか、失笑の的となった最たるものは、2010年にリリースされた『会いたくて 会いたくて』(同)でしょうね。“会いたくて会いたくて震える”という歌詞が、『病気だろ!』『震えるって、怖すぎるわ!』と、リリースされてから5年が経過する今でも、Amazonのレビューやネット上では、失笑コメントが湧いています。これに関しては、西野の友人ですらネタにしているらしく、『カナに会いたくて震える』とメールがくることもあるそうです。『トリセツ』(同)では、“定期的に褒めると長持ちします”や“ずっと大切にしてね 永久保証の私だから”など、男性に対して要求ばかりする“ウザい女”と批判の声が上がり、スイーツ女子とは対極を成すサバサバ女子からも『薄っぺらい』『量産型歌詞』などと、白い目で見られているようです」(同)

 三代目J Soul Brothersの今市隆二との熱愛がウワサされる西野だが、もしかしてお互いに多忙で会えず、震える日々を送っているのだろうか?

ホッカイロ 貼る レギュラー 30個入

ホッカイロ 貼る レギュラー 30個入

震えるほど寒いなら、ホッカイロどうぞ。

「ウザい女を量産した罪は重い」“スイーツ女子の教祖”に君臨し続ける西野カナに辛辣意見のページです。おたぽるは、アイドル&声優芸能スイーツ女子会いたくて会いたくて震える西野カナの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
グラドル川崎あやが朝から悩殺ポーズ!午前中から脳ではなく別のところが覚醒しちゃうよ…new
歌手のELISAがぶりっこセルフィー公開!うぉぉぉっ!めっちゃかわいい!でもそんなことしなくても十分かわいいぞ!!
川崎あやのくびれが芸術的すぎる!完璧ボディーの持ち主なのに実に謙虚…
祝デビュー5周年 Machico Live Tour 2017「DAY’S melody:」東京公演ライブレポ!

ギャラリー一覧

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
『メアリと魔女の花』はもう観た?