1510_shingeki.jpg
『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』公式ページより。


 9月18日に公開された実写版『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド(以下、『進撃』後篇)』。8月1日に公開された前篇で酷評されただけに苦戦が予想されていたが、その予想すら大幅に下回る結果にもかかわらず、その“大コケ”ぶりも大して話題にならない異常事態を迎えている。

 興行収入ランキングで公開1週目はなんとか1位を飾ったものの、2日間で6億円を稼いだ前篇と比べ、後篇は2日間で3億円とほぼ半減。2週目には同じくマンガ原作であり、上映館は60以上少ない『ヒロイン失格』にあっさりと抜かれ、3週目に入ると『バクマン。』の公開が始まったこともあり、3位へ転落。

 公開前は、前篇だけで50億円、前後篇合わせて100億円を目指す! と張り切っていた方々に、ぜひ今の心境を聞いてみたいものだ(ちなみに前篇の収入は9月頭の時点で30億円とのことだ)。

 この惨敗の影響を最も受けたのは、『進撃』後篇を上映している映画館の興行部だろう。『進撃』後篇は前篇に引き続き「4DX」に対応しており、このシステムを導入している映画館では、公開当初1日中 4DX版を張り切って上映していた。しかし悲しいほどの客入りを受けて、東宝グループである東宝シネマズでも1~2週目から早くも上映回数を大幅減。それでも予約状況などを見ると来場者が1ケタの日も多く、「早く上映期間終われ!」と祈っているであろうことは想像に難くない。

 ちなみに、その空いた上映枠では、すでに4DX版の上映を終了していた『ジュラシック・ワールド』や『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を再上映する羽目に。皮肉なことにそれが功を奏し、両映画とも連日完売が続出し、なかなかチケットが買えない状態になっている。

 映画の内容自体も大惨事だ。ネット上での感想を見ても、「特撮映画だったっけww」「もはや『おもしろい』『おもしろくない』を超えたどこか別次元の恐ろしい『ナニカ』になっていた……」「完全なるクソ映画を観た気分。」といった酷評ばかり。

「評論の仕事の依頼が来なくてよかった。(脚本を映画評論家の町山智浩が務めているため)酷評も出来ないし、ごまかして書くか、仕事を断るかしか出来ない」と映画ライターがぼやくほど、“評論家が評論を避ける”恐ろしい事態に。樋口真嗣監督がTwitterで過剰反応するなど、酷評ばかりでもにぎわっていた前篇が、懐かしく思えるほどの静けさに包まれている。

 もう話題にすることすら躊躇われる『進撃』実写版。実写版には登場しなかったリヴァイ兵長も「オイ…ガキ共…これは…どういう状況だ?」と思っていることだろう。

劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~通常版 [DVD]

劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~通常版 [DVD]

アニメでよかったんだよ、アニメで……

「オイ…ガキ共…これは…どういう状況だ?」 実写版『進撃の巨人』後篇 “評論家が評論を避ける”事態にのページです。おたぽるは、その他映画実写樋口真嗣町山智浩進撃の巨人の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ