109yj.jpg
「週刊ヤングジャンプ」公式サイトより

 8日発売の「週刊ヤングジャンプ」No.45から、ついに連載が始まった『銀河英雄伝説(以下『銀英伝』)』。先日お伝えしたとおり(前回記事)、田中芳樹の名作SFノベル(徳間書店)を原作とし、『封神演技』や『屍鬼』で知られる藤崎竜が新たにマンガ化するという野心作だ。連載の告知があった際はファンから悲喜こもごも、さまざまな声があがったが、連載第1話の出来はどうだったのだろうか。

 まず物語は銀河帝国 首都星 オーディンに住む少年、ジークフリード・キルヒアイスの隣へ、名ばかりの貧乏貴族・ミューゼル家が引っ越してきたところから。主人公・ラインハルトとキルヒアイスの出会い、そしてラインハルトがなぜ皇帝打倒を誓うようになったのか――というエピソードが描かれた。

 連載前は、「フジリュー、メカとか描けんのか?」という心配する声もあったが、宇宙戦艦たちはアニメ準拠のデザインでまとめられており、まずまず無難な感じ。キャラクターたちは当時10歳だったはずのラインハルトとキルヒアイスはロリかわいいし、皇帝のもとへと赴くラインハルトの姉アンネローゼは美麗で、「人物は悪くない。意外といい感じ」「帝国側のキャラクターはフジリューと相性がいいかも」と、原作小説&旧マンガ版(作:道原かつみ/徳間書店)ファンもまずまずご満足のようだ。

 好スタートを切ったフジリュー版『銀英伝』。ファンたちの次なる心配の種は、フジリューの“独自解釈”。小野不由美のホラー推理小説『屍鬼』(新潮社)をマンガ化した際にも、ストーリーや人物設定、“屍鬼”“人狼”など、数多くの変更を加えている。「マンガはマンガでおもしろい」「合っている」というファンもいれば、「イメージが壊れた」「なぜ無駄な改変を加えるのか」と憤ったファンも多かった。ビジュアルに対する先入観がなかった小説をマンガ化する際にも、これだけ賛否両論を招いたフジリューの独自解釈。

 もちろん、マンガ家なりの独自解釈が加わって、物語に深みが出たり、意外な描写や展開が生まれることは悪いことではない。そうでなければ、わざわざ新しくマンガ化する意味がないし、改変は一切NGであれば原作元はそもそも許可しないはず。だが「これからが心配」「変なオリジナルキャラが登場しませんように」とファンたちの不安は尽きないようだ。

 杞憂となるのか、それとも――藤崎竜が刻む、新たな1ページが原作ファンの不安を吹き飛ばし、新たな『銀英伝』ファンを獲得できることに期待したい。

屍鬼〈1〉 (新潮文庫)

屍鬼〈1〉 (新潮文庫)

結構というか、細かいところ、大分違うんですよ

いよいよ連載開始! フジリュー版『銀英伝』、ファンの反応はいかに!?のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ出版業界事情田中芳樹藤崎竜週刊ヤングジャンプ銀河英雄伝説の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!new
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!
人気コスプレイヤー・桜群のモコモコウサギが合法ロリすぎる!!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…