1510_hanamoyu.jpg
『花燃ゆ』(NHK)公式ページより。


 視聴率低迷が続くNHK大河ドラマ『花燃ゆ』(井上真央主演/日曜午後8時~)が、奇跡の復活を果たした!?

 10月4日放送の第40話の視聴率が13.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録し、第12話(3月22日)以来、実に6カ月半ぶりの13%台をマークしたのだ。正直“天下の大河ドラマ”の視聴率が13%を超えたくらいで大騒ぎするのは、なんとも低レベルな話だが、『花燃ゆ』にとっては起死回生の大事件なのだ。

 同ドラマは、初回(1月4日)16.7%で発進。これは『春日局』(89年)の14.3%、『花神』(77年)の16.5%に次ぐ大河史上ワースト3位のスタートとなった。第2話(同11日)では13.4%と下がり、第3話(同18日)では15.8%と持ち直したものの、これ以降ジリジリ降下。

 第15話(4月12日)では9.8%と早くも1ケタ台を記録。その後は10~12%台で推移し、5回も1ケタ台をマークするありさま。「大奥編」の第29話(7月19日放送)では視聴率稼ぎのため乃木坂46を投入したが、12.0%とさしたる効果はなかった。

 第36話(9月6日放送)から最終章「明治編」がスタートしたが、この評価がまずまずで、久々の13%台につながったようだ。

 実は、ここまで、『花燃ゆ』の平均視聴率は11%台。大河ドラマ史上ワースト視聴率となった『平清盛』(松山ケンイチ主演/12年)は12.0%だっただけに、このままの調子でいけば、それを更新してしまいかねない絶体絶命の危機なのだ。

 NHKとしても主演の井上としても、それだけはなんとしても避けたいところ。残すはあと10話。大河史上最低視聴率の更新阻止に向け、最後の悪あがきが続くことになりそうだ。
(文=黒田五郎)

花燃ゆ 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

花燃ゆ 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

内容を知りたい方はこちらをどうぞ。

『花燃ゆ』大河ドラマ史上最低視聴率の更新阻止に向け、最後の悪あがきのページです。おたぽるは、その他演劇NHK乃木坂46井上真央大河ドラマ花燃ゆの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
きょう肉肉の合法ロリっぷりがやばい!スクール水着に園児帽!そしてパイパン!!new
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…