【シリーズ「ももクロと、おやじノフたちの現在地」case.10】

mnnfint_10
2011年11月、大田区の工場で「労働賛歌」

 金もある、仕事もある、時間の余裕もある……そんなアラウンド40から50な男性たちを虜にし、大量の“おやじノフ”を生み出した、ももクロこと「ももいろクローバーZ」。2012年にはデビュー以来の悲願だった『NHK紅白歌合戦』に出場し、14年には国立競技場ライブも成功させ今夏はエコパアリーナ2days、またクリスマスには軽井沢スノーパーク3daysライブを予定するなど、今まさに栄華を極めたといっていい。

 だが、どんな季節にも終わりはくるもの。やがて訪れる「ももクロの終わり」を、おやじノフたちはどう考えているのか。そして、彼ら自身の“推しごと”の行方は?

 シリーズ「ももクロと、おやじノフたちの現在地」。総勢10人のおやじノフたちに、モノノフとしての始まりと終わりを語ってもらった。「ももいろクローバーZ」とモノノフの間には、何が存在していたのか。そしてそれは、今後どうなっていくのか。アイドルが与えた「夢」の実像が浮かび上がる──。(取材・文=関口ヒサヨシ)

case.10●ニックネーム「Leo」の場合

年齢/43歳
家族構成/妻、娘1人、息子1人
職業/会社員

 Leoさんは、今回のインタビューに協力していただいた方からの紹介で、記者は初対面の方。果たしてどんな人物なのか、ヤカラなのかオタクなのかさえもわからずに、山手線某駅で待ち合わせをした。約束の時間、記者のスマホに入ってきたのは、「BLTの杏果のうちわを持ってます」という写メだった。涼しい秋の夜の繁華街で「杏果うちわ」を持って立つ人物とは……。

 * * *

――初めまして。某さん(紹介していただいた方)とは、以前からのお知り合いなんですか? 

Leo いや、よく現場で顔見るんで、それで声かけて友だちになったんですよ。

――それじゃあ、よほど現場数踏んでるってことですね(笑)。そもそも、ももクロを好きになったきっかけというのは何だったんですか?

Leo ニックネームからもわかるでしょうけど、西武ライオンズのファンなんですよ。で一時期、西武ドームの客席を360度ライオンズファンで埋め尽くして、オールスタンディングで試合を応援するという光景に憧れていた時期があったんです。それが2012年頃で、たまたま「360度 応援」ていうキーワードでネット検索したら、YouTubeでももクロの「360度パノラマ地獄」の動画がみつかったんです。「あ、なんかオレの憧れに近いのがある」って、ピンときて。

 それに格闘技も好きなんですけど、ももクリ2011の入場がプライドチックで、「これまたスゲーな」って。「こういうのをライオンズの応援でやりたいんだよ!」って思って見てたはずなんですけど、気付いた時にはももクロに感激して、泣いて、ハマっちゃってました。パフォーマンスもスゴいし、よく聞くと歌も刺さるし、どこか琴線に触れたんでしょうね。

――それまでアイドルのファンになったということは?

Leo 全くないです。


●妻は最悪の反応、娘は反抗期で絶対絶命!!


――ももクロとの出会いって、Leoさんが40歳くらいの時じゃないですか。ご自身の年齢を考えた時、葛藤ってありませんでしたか?

Leo ありましたありました、スゴイありましたよ。アイドルって、いい歳してハマるもんじゃないって思ってましたし、知人にも30代後半でAKB48のCDいっぱい買ってるのがいて、「何やってんだろうな」って思ってたんですけどね。特にファンクラブに入る時って、1カ月くらい悩みましたからね。

――ご家族にはどうやってカミングアウトしたんですか?

Leo 半年くらい経ってからしましたよ。妻は最悪の反応でしたね。娘は当時中学生で難しい時期だったんです。ボクの隣に座るのもイヤだし、自分の部屋に入られるのもイヤがるくらいだったんです。それに、どっちかって言うとAKB48派だったんで、ももクロのことを教えたときも、ちょっと怪訝な感じだったんです。でも、「ももクロChan」とか見てるうち、「スゴイね」って感謝されるようになったんです。今はすっかり、れにちゃん推しですよ(笑)。

 最初の現場は13の春西武なんですけど、妻には「仕事の絡みで西武ドームで『ももいろナントカ』のライブがあるから、娘連れてっていいかな」って、あたかも仕事きっかけを装ったんです。もちろん、そのときはすでに、すっごいファンなんですよ(笑)。そのときも、「スゴかったぞ」って妻に言ったんですけど、全然響かなかったですね。

――ということは、業界の方なんですか?

Leo いや、全然ないです。はったりです(笑)。

労働讃歌

労働讃歌

カップリングの「サンタさん」もたまらない!

「ライオンズを愛して35年、『ももクロ愛』3年。でも、それ以上に家族を愛する“妻にももっと推され隊”」Leoさん(43)の場合のページです。おたぽるは、cat連載アイドルアイドル&声優【シリーズ「ももクロと、おやじノフたちの現在地」】ももいろクローバーZインタビューモノノフの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ