1003konoman.jpg
左『惰性67パーセント』、右(『百万畳ラビリンス』

 マンガ好きなら一度は聞いたことある“このマン”こと『このマンガがすごい!』(宝島社)。書店店員、漫画ファン、著名人、編集者、評論家など、さまざまな人にアンケートを取りランキングを作り、一年で一番勢いのあった漫画を決めるマンガ紹介ムックだ。

 今まで『進撃の巨人』『暗殺教室』『テラフォーマーズ』『バクマン。』などが受賞した経験があり、過去には無名だった作品が一気に有名になり、ここからヒットしたものも数多く存在する、いわゆるマンガ界の登竜門的存在だ。

 2014年からはWebも開設し、マンガレビューやインタビューのほか、月に一度、ムック同様のアンケートを主体とした『このマンガがすごい!』ランキングを発表しているのだが、その10月度の男編が過去にないランキングだと話題になっているようだ。

「トップ10中なんと4つが紙魚丸先生(『惰性67パーセント』集英社)、たかみち先生(『百万畳ラビリンス』少年画報社)、緑のルーペ先生(『青春のアフター』双葉社)、櫻井エネルギー先生(『櫻井大エネルギー』ワニマガジン)と、18禁漫画で成功を収めているいわゆる“エロマンガ家”の作品なんです。ジャンルは、本格ミステリーやギャグ、少しエッチな物とさまざまなんですが、どれも絵と内容で読ませる本格派で、すごく面白いんですよ。どの先生も名義を18禁漫画の時のものと変えずに発表しているんで、『潔くていい!』『過去の作品にプライドを持っている感じがして、かっこいい!』とファンからも評判ですよ。もちろんエロマンガに戻ってほしいという意見も多いですけどね(笑)」(マンガ評論家)

 無論、18禁だとしても普通のマンガ家と同様の苦労をして、今まで作品を出版してきたのだろう。しかし、なぜこれらの作品の作者たちは、急に“エロマンガ家”から“マンガ家”に転身したのだろうか?

「急に、ではないんです。もちろん全員ではないし、この4人の先生もそうだとは言い切れないんですが“売れるまでのバイト兼、絵の修行”として18禁マンガを描く先生って実は多いんですよ。実際に18禁マンガは、内容よりも絵で魅せる物が多いため、絵のスキルは普通のマンガ家と比べても高い人が多い。一般的には知られてないですけど、過去に18禁で書いていて、現在一般誌で連載をしている先生は、『食戟のソーマ』の佐伯俊先生や、『亜人』の桜井画門先生と、けっこう多いんですよ」(同評論家)

 作家というのは顔がわからないだけに、実際はどんな人間かわからない。男性だと思っていた作家が女性だったなんて話はよく耳にする。もしかしたら、世間にバレていないだけで、超有名な国民的アニメの作者も、実は18禁出身だった……なんてことがありえるのかもしれない。
(文=沢野奈津夫)

『このマンガがすごい!』にエロブーム到来!? 半数近くが“18禁出身”の理由とは?のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ出版業界事情このマンガがすごい!たかみち櫻井エネルギー紙魚丸緑のルーペの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ