1510_banyaro.jpg
『バンドやろうぜ!』公式ページより。


 女性向けゲームというと、今までは育成や恋愛モノ、パズルなどといったジャンルが多かったのだが、『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』の爆発的ヒットを筆頭に、音ゲーやリズムゲーをプレイする女性が増えてきた。中でも、『幕末Rock』や『SHOW BY ROCK!!』といった「バンド」リズムゲームはアニメ化もされており、特に注目されている。それに合わせて、女性向けのアイドル音ゲーがどんどん開発されている。ここ2ヵ月だけで『アイ★チュウ』、『アイドリッシュセブン』などのアプリが新しく配信されるなど、女性向け「バンド」リズム・音ゲーブームが来ている。

 この「バンド」ブームに、新しい刺客がやってきそうだ。『デュラララ!!』や『ソードアート・オンライン』『アイドルマスター』など、数多くの大人気アニメを生み出してきた「アニプレックス」と、藍井エイルやKalafina などが所属する「SonyMusic」の2社がタッグを組んで、「青春」×「バンド」リズムゲーム『バンドやろうぜ!』を製作すると発表。

「青春」×「バンド」をテーマに、熱血なアマチュア高校生バンド、中学の文化祭で結成された事務所所属のバンド、インディーズで活躍しているクールなバンド、女の子だけのキュートなバンドと、タイプの違う4組からなるこのゲーム。肝心のシステム自体はまだ公開されていないが、それぞれのバンドのキャラクター原案に、いとうのいぢなどの有名イラストレーターを起用し、出演する声優陣も蒼井翔太や花江夏樹、山下大輝、黒沢ともよ等を起用するなど、かなり豪華なラインナップになっており、2社の本気ぶりがうかがえる。

 さらに、アプリの宣伝トラックを走らせ、9月12日から毎週土曜日にそれぞれのバンド紹介の30秒CMを流すなど、力の入れ方が半端ない。今現在、「BLAST」と「OSIRIS」、そして「Curetron」の3組のCMとバンドメンバーの紹介ページが公開されている。CMでは、それぞれのバンドのオリジナル楽曲がいち早く聴けるので、今のうちにお気に入りのバンドやメンバーを探すのもよいだろう。ちなみにネット上では、OSIRISのドラム小金井進(CV. 梅原裕一郎)の「お前ら、あんまふざけてっと、生カツオでぶっ刺すぞ。」というセリフに「魚屋かよw」「梅ちゃんの声で早く聞きたい!」と盛り上がっている。

 また、『バンドやろうぜ!』公式Twitter(@banyaro_net)では連日、イラストレーターのえむによるSDキャラを公開しており、こちらも見逃せない。アプリ内のイラストはサテライトが担当するとのことで、TVアニメ化など、アプリにとどまらない今後の展開にも期待できそうな今作。

 ただ、心配な点がひとつ。アプリゲームの開発会社がファンの不安材料になっているようだ。ゲームファンが「ディライトワークス」と聞けば、思い出すアプリゲームがあるだろう、『Fate/Grand Order』だ。現在は300万ダウンロードを突破し、評判も上々だが、公開当初はゲームデータの消失などの不具合が続発。緊急メンテナンスを何度も繰り返した上、公開1ヵ月足らずでゲームバランスの調整を実施したのは記憶に新しいところ。それだけに「ディライトワークスが開発で大丈夫なのか?」「糞ゲーまったなし!!」「おわったな」といった声がネット上で多くあがっている。

 アニメ化に続いて舞台化も決まるなど、女性人気も高く、順調な展開を見せる『SHOW BY ROCK!!』のように、是非、ディライトワークスには、ネガティブな前評判を吹き飛ばすような内容のゲームを開発してもらいたい。

新基軸『SHOW BY ROCK!!』!? 「バンド」リズムゲーム『バンドやろうぜ!』に「ちゃんと開発されるのか」と不安の声のページです。おたぽるは、ゲームモバイルゲームSonyMusicアニプレックスディライトワークスバンドやろうぜ!黒沢ともよの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
きょう肉肉の合法ロリっぷりがやばい!スクール水着に園児帽!そしてパイパン!!new
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…