1509_theater.jpg
『真月譚 月姫』オフィシャルサイトより。

 今月9日、株式会社オーシーシーが破産開始決定を受けた。なお、負債総額は4,260万円……と、何のことだかよくわからない話かもしれないが、実は同社、かつて秋葉原でアニメ専門の映画館を運営していたのだ。

 もともとは独立系ミニシアターの支配人だったという千田浩司氏が、自身の経験をもとに2004年5月、秋葉原に世界初のアニメ専門の映画館「秋葉原オリエンタルコミックシアター」をオープン。

“オタクの聖地・秋葉原”で、“世界初のアニメ専門の映画館”ということで期待され、オープン当日は気合いを入れて、TYPE-MOONの人気ゲーム『月姫』を原作とするアニメ『真月譚 月姫』をマラソン上映。その後も最新TVアニメなどの上映を計画していたが、観客を継続的に集めることができず、オープンからわずか半年で閉館してしまった。そして、05年8月に商号を株式会社オーシーシーへ変更したものの、そのオーシーシーもついに破産へ……。

 破産開始決定のニュースを受け、アニメファンからは「そもそも存在を知らなかったんだけど」「宣伝不足だろ、明らかに」「もっと宣伝してくれよ!俺、知らなかったぞ」といった声が多く上がった。肝心のアニメファンが存在を知らないのだから、潰れてしまうのは当然かもしれない。

 また“『真月譚 月姫』マラソン上映”というのも、アニメファン的には疑問を感じるポイントらしい。「吹くわ」「何でよりによってそれやねん!明らかにマーケティング知らんだろ」「経営陣がオタ業界のことを全然知らないということだけはわかった」「古い名作アニメ映画の24時間マラソンとかにしろよ」と、チョイスミスを指摘する意見が散見された。

 確かに『真月譚 月姫』は03年の放送当時から、「設定変更が酷い」「原作に対してボリュームが少なすぎる」「アニメのオリジナル展開が多すぎる」と、原作ファンから酷評された作品だ。劇場運営のカギを握るオープニング作品が、なぜ『真月譚 月姫』だったのか。疑問は残るが、話題にしているうちに怒りがぶり返してきたのか、TYPE-MOONファンの関心は“世界初のアニメ専門の映画館”破産から、いつの間にか話題は『真月譚 月姫』へと飛び火。

アニメファンも存在を知らなかった、秋葉原のアニメ専門映画館が破産!のページです。おたぽるは、アニメアニメ業界事情TYPE-MOONユーフォーテーブル月姫秋葉原オリエンタルコミックシアターの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
きょう肉肉の合法ロリっぷりがやばい!スクール水着に園児帽!そしてパイパン!!new
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…