1509_tihayahuru.jpg
『ちはやふる』の公式Twitter(@chihaya_koshiki)より。

 来年3月・4月に2部作で公開される映画『ちはやふる』。末次由紀氏の同名マンガ(講談社)の実写化した同作の主演は、“新バッシングの女王”広瀬すずが務めることで話題を集めていた。そんな中、いよいよ同作のビジュアルが披露されたのだが、意外(?)なほどに“広瀬版千早”は好評だ。

 女性マンガ「BE・LOVE」(講談社)で連載中の『ちはやふる』。主人公・綾瀬千早が、転校生・綿谷新との出会いを通じて競技かるた(小倉百人一首)の魅力に目覚め、幼なじみ・真島太一らかるた部の個性豊かメンバーと一緒にかるたに情熱を燃やす物語である。なお、同作は「第2回 マンガ大賞」など、数々のマンガ賞を受賞したほか、2011年・2013年と2度にわたりアニメ化されている人気作。それだけに、今年6月に“主演・広瀬すず”という第一報に、「腹黒いこいつに千早は無理」といった批判が多く見られた。

 しかし今月13日、原作コミック2巻の表紙を模したデザインのチラシビジュアルが公開されると、広瀬に対する評価は一変。「すず、かわええ」「思ったよりかわいい」「再現度高いな!」「原作よりかわいいのは珍しい!」など、“広瀬版千早”に肯定的な意見が多数を占め、「エラ、隠してるよな」「映画の裏方スタッフさんによろしくね!」といった否定的な意見は、あっという間に少数派へ。

 また、広瀬自身も「完全実写化という難しさも実感しましたが、出来上がったビジュアルを観て夢が叶った感じです」と自信を覗かせた上で、「『千早』なんだって、改めて実感させてもらえた撮影でとても幸せでした」とコメントを残している。

 だが広瀬が評価される一方で、「男どもの配役が酷い」「男はもっとがんばれただろ!」「若手のやつ誰だよ」と、男性陣の配役に不満を感じているファンも多いようだ。特に、「野村周平が太一って」「太一が一番おかしい」など、真島太一役を演じる野村周平に違和感を覚えるようだ。また、「太一と新の配役が逆だろ」といった、綿谷新役を演じる“真剣祐と野村を交換すべき”説を唱えるファンも多い。

 根強く残る、原作・アニメファンたちの不安と不満。だが、監督を務めるのは、青木琴美氏の人気マンガ『カノジョは嘘を愛しすぎてる』(小学館)を実写映画化し、ヒットに導いた小泉徳宏。『ちはやふる』でも、その手腕でファンをあっと言わせることはできるだろうか?

ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス)

ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス)

あちらが立てばこちらが立たず…

映画『ちはやふる』ビジュアル公開で“広瀬すず”評価一変! 一方男性陣は……のページです。おたぽるは、その他マンガ&ラノベ映画漫画ちはやふる広瀬すず末次由紀真剣祐競技かるた野村周平の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
川崎あやのくびれが芸術的すぎる!完璧ボディーの持ち主なのに実に謙虚…new
人気コスプレイヤー・サク 美顔すぎるすーぱーそに子コス披露!でも体のムチムチ具合は完全再現!!
【ソフマップ】グラビアアイドル河村美咲が“本気で悶絶”!?「すごくセクシーで……」
【ソフマップ】「普段しない動きを……」お嬢様グラドル工藤紬が初のDVDで“全部”出しちゃった!?

ギャラリー一覧

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
『メアリと魔女の花』はもう観た?