1508_hongokanata.jpg
スターダストプロモーション公式サイトより。

 今、イケメン俳優の本郷奏多に「生きる2次元男子」といった黄色い声援が送られている。

 9月19日から後篇が公開される映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』のアルミン役をはじめ、映画『GANTZ』の西丈一郎役、ドラマ『アカギ』の赤木しげる役など、数多くのアニメ・マンガのキャラクターを演じる本郷。そのキャリアを見ると、“2.5次元化”していると言っても過言ではないが、テレビ番組などで私生活が明かされると、主に女性から「2次元の生き物だ……」などといった声が上がった。

「本郷くんは、色白で線が細く、おまけに中性的な容姿をしているという、まさにマンガから飛び出してきたかのような美男子。先月出演したバラエティ番組でガンプラ好きの“引きこもりヲタク”であることが判明したのですが、その容姿と相まってか、『理想の無気力男子』などと、好意を寄せる声が多数上がっていました」(女性ヲタク)

 8月に出演した『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で本郷は、VTRで自宅のベッドの上でゲーム、パソコン作業、食事(ポテトチップス)をする姿や、ガンプラ制作に熱中する姿を公開。放送を受けてネットでは「本郷奏多みたいな家にこもってヲタク生活満喫してる人だいすき」という歓声が上がっていた。

 そんな中、9月10日に出演した『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)でも本郷は、自宅でガンプラ制作に勤しむ姿をVTRで公開。V2ガンダムのガンプラを改造して、LEDライトを仕込んだビームサーベルとウイングが装備された力作を披露した。VTRでは、ガスマスクを装着して塗装作業を行う姿も見られ、「パテをこねて粘土みたいに造形したり、プラバンを切って貼って彫ったりして(部品を)ゼロから作ることもできる」と語るなど、ガチのガンプラヲタっぷりを見せつけた。

2次元男子? “引きこもりヲタク”のイケメン俳優・本郷奏多は「生きる2次元の国宝」!?のページです。おたぽるは、アイドル&声優芸能本郷奏多進撃の巨人の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
桜群の「2017年自分が選ぶ今年の4枚」がどれも天使すぎてやばい!!new
小泉千秋の露出度が一段と過激に?「ブラを取っちゃって、手ぬぐいだけで前を隠しています」
葉月佐和がスッケスケのセクシー衣装で悩殺?「レースだけで大事な部分を隠して、あとはかなりの露出度です」
ほのか、撮影カメラが近すぎてドキドキ?「毛穴のケアは念入りにしておきました」

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…