1509_nekoatsume.jpg
『Game Week with Google Play』公式サイトより。

 ゴハンとグッズを置き、庭先に集まってきた“ねこ”を眺める“だけ”のスマートフォン向けアプリゲーム『ねこあつめ』(Hit-Point)。“だけ”であるにも関わらず、500万ダウンロードを突破した人気ゲームの実写イベントが決定した。実写というと、賛否両論となるものだが、『ねこあつめ』に関しては歓迎ムード一色となっているようだ。

 膨大な量のアプリ・ゲームが配信される中、2014年10月に配信スタートした『ねこあつめ』。ねこのかわいさと、いい意味でのいい加減さが受けたのか、群雄割拠のアプリ界で瞬く間に頭角を現した。いまではすっかりアプリゲームの代表格となり、今年6月には全ねこを収めた公式本も刊行された。

 登場するねこは、「はいしろさん」や「とびみけさん」をはじめとした“普通ねこ”や、「あめしょさん」や「すふぃんさん」などの“レアねこ”、全45種。普通だろうがレアだろうが、どいつもこいつもごろにゃ~ご(プリティ)であり、始めてしまうと愛猫家じゃなくても夢中になってしまう。また、お気に入りのおうちを作ったり、ねこてちょうを完成させたり、さつえいしたりと、さまざまな遊び方ができるのも、同作の魅力のようだ。

 そんな『ねこあつめ』が、「Google Play GAME WEEK“2015 秋”」内において、実写イベント「リアルねこあつめ」を開催する。大阪の猫カフェ「猫の時間 きた本店」を『ねこあつめ』の部屋に再現する同イベント。ゲームさながらグッズを設置し、ねこが集まる様子をYouTubeで生中継し楽しむというものである。

 もちろん、“ねこ”が実写になるわけで、どこででも目にできる猫が登場するのだから、「ただのペットショップだろ!」「しろちゃとらさんはこんなんじゃない」という声が聞こえてきそうだが、同イベントにはなぜか批判がない。それどころか、「ぐぬー!みたいぜ!」「にゃんですと!」「わくわく」「ぐるるる」など、楽しみにしているファンが多く、中には「お店に行こうかな」「大阪なら行ける範囲か」と、実際に開催店舗「猫の時間 きた本店」に足を運ぼうとするファンも。改めて猫たちの人気には驚かされるばかりだ。

 配信日は、今月15日の11時~22時。YouTube Liveのコメント欄から置きたいグッズをリクエストすれば、にぼし数に応じてグッズの設置も可能とのことだ。ファンは“ガチねこ”を集めよう。

「にゃんですと!」ねこ眺めゲー『ねこあつめ』の実写イベントにファン興奮!のページです。おたぽるは、ゲームモバイルゲームねこあつめの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
【ソフマップ】グラビアアイドル河村美咲が“本気で悶絶”!?「すごくセクシーで……」new
【ソフマップ】「普段しない動きを……」お嬢様グラドル工藤紬が初のDVDで“全部”出しちゃった!?
【ソフマップ】アイドルグループ「放プリユース」田中あさみに“筋肉フェチ”が殺到中! チャームポイントで、ふくらはぎ!?
【ソフマップ】“横乳プリンセス”Gカップグラドル十枝梨菜が、彼氏と熱愛旅行へ!?

ギャラリー一覧

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
イノグレでBL作ってほしいよね!