1509_tatiyomi.jpg
『BOOK・OFF』公式Facebookより。


 時間潰し、あるいは本はただで読むものと勘違いしているのか、本屋やコンビニなどで誰もが目にする“立ち読み”。その“立ち読み”をめぐり、賛成派と否定派で熱いバトルが繰り広げられている。

 ことの発端は直営店、FC加盟店含め942店舗(2015年4月1現在)を構える大手古書店「BOOK・OFF」。マンガ、小説、画集などを幅広く扱う同店で、「商品を選ぶことができない」「通路を塞ぎ通れない」といった客の声を受け、自由が丘駅前店や秋葉原店など直営店6店舗で、“コミックの立ち読み禁止”という措置を実施。今のところ、「直営店舗で行っている試験的な措置」とのことで、全店舗で実施する予定はないという。

 これを受け、立ち読み反対派からは「全店舗でやれよ」「立ち読みしてるやつらのせいで目当ての本が探せない。マジで邪魔」「立ち読み連中、動画か写真で晒したいくらい酷いよ」と鬼の首をとったかのごとく、勝ち誇った賛同の声があがっている。

 また、「立ち読みオッサンどもが触った商品を買うわけか」「立ち読みのせいで本がボロボロなんだよ!」「100回くらい手を洗ってから出直せ!」と立ち読みが原因で、肝心の商品=本がダメになってしまうと指摘する声も。

 しかし、「ブックオフって立ち読みして時間潰すとこだろ」「ブックオフなくなったら、どこ行けばいいって言うんだよ」「飯食うだけのために外に出るのはもったいない。だから習慣的にブックオフへ行き、立ち読みをする」「かわいい女の子の近くで屁をこくのが楽しい」など、立ち読み賛成派にも彼らなりの理由があるよう。

 他にも、「どうせ読ますならマンガ喫茶にしちゃえよ」とマンガ喫茶化を提案する声や、BOOK・OFF博士たちからは、「毎月29日はブックの日だからお得」「最近カバーつけ始めたよね」「マスコットキャラはかうかう君とうるうるちゃん」「ブコフのデブはリュックが好き」など、なぜか豆知識を披露する場になったりと、ネット上の趨勢は複雑怪奇だが、とにかくこのニュースの注目度は高いことがうかがえる。

 書店・中古書店で、ぱらぱらと本をめくることで、意外な本や雑誌と出会う。Amazonなどネット書店にはない、リアル書店ならではのメリットを享受できるのは“立ち読み”のおかげだ。だが、手段が目的になってしまうのも考えもの。結局は“ネットリテラシー”ならぬ“書店リテラシー”。客の店内での行為・マナー次第で今後の“立ち読み”事情は変わってきそうだ。BOOK・OFFの今後の措置を注視したい。

「立ち読みしてるやつは底辺」BOOK・OFF立ち読み問題で賛成派vs反対派のバトル勃発!のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ出版業界事情BOOKOFFブコフマンガ喫茶立ち読みの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ