0902ranobe.jpg
左が「μNOVEL」ロゴ、左は天野喜孝デザインのマスコットマーク(リリースより)

 毎日新聞出版は9月1日、主に30~40代の大人をターゲットとした、ライトノベルの新レーベル「μNOVEL(ミューノベル)」を立ち上げ、10月27日から創刊することを発表した。

初回10月刊行は以下の3作品。
・『貴族(バンパイア)泥棒スティール』 作/菊地秀行 イラスト/末弥純
・『ザ・サード【完全版】1』 作/星野亮 イラスト/士郎正宗
・『イカロスの誕生日』 作/小川一水 イラスト/ゆうきまさみ

「30~40代の『大人』を主なターゲットとして、多くの愛読者を持つ実績ある作家陣を中心に、書き下ろし新作はもちろん、人気作の復刊企画を積極的にラインアップしてまいります」(毎日新聞出版のリリースより)とのことで、さすが全国紙の新聞社が手がける出版社、豪華な作家・イラストレーター陣が顔を揃えている。

 しかし、正直“新レーベル”というのには新鮮味に欠けるラインナップで、まるで祥伝社や早川書房あたりのノベルスの新刊案内のようだが、後発のライトノベルレーベルならば、どこも最初は実績ある作家陣でスタートするものだから、これはしょうがない。だがネット上では、「これは“大人向けライトノベル”なのだろうか?」と、疑問視する声もあがっているようだ。

 そもそも“ライトノベル”そのものの定義自体が曖昧で、「表紙や挿絵にアニメ調のイラスト(≒萌え絵)を多用している若年層向けの小説」(日経BP社『ライトノベル完全読本』より)といった説が、読者の共通認識としてなんとなくあり、出版社・レーベル側が「うちはライトノベルだ!」と宣言すれば、「そういうものか」となんとなく受け入れられている、というのが現状ではないだろうか。

 だというのに、「μNOVEL(ミューノベル)」は“大人向け”を標榜。SFレーベルからも著作を出版している作家たちが新刊を出すのだから、もともと曖昧な線引きがさらにあやふやになってしまい、そこに引っかかりを感じているライトノベルファンが多いようだ。

ビアンカ・オーバースタディ (星海社FICTIONS)

ビアンカ・オーバースタディ (星海社FICTIONS)

おもしろいです。誰か続きを書いてくれないかなぁ…

戦国ラノベ業界に新レーベル「μNOVEL」登場!……ところで“大人向けラノベ”ってなに?のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ出版業界事情μNOVEL小川一水星野亮筒井康隆菊地秀行の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ