1508_mizukishigeru.jpg
水木プロダクション公式サイト「げげげ通信」公式Twitter(@mizukipro)より。

『ゲゲゲの鬼太郎』や『悪魔くん』など、長きにわたり日本のマンガ界を支えてきた水木しげる氏。今年93歳を迎えた同氏だが、その健在ぶりをいかんなく発揮した食生活が話題を呼んでいる。

 1922年に生まれ、鳥取県境港市に育った水木氏。高等小学校卒業後、画家を目指し大阪へ出るも、やがて徴兵年齢に達し、太平洋戦争へ。激戦地であるラバウルに出征、爆撃を受け左腕を失ってしまう。しかし復員後、紙芝居画家となり、その後貸本漫画家に転向。『悪魔くん』『河童の三平』『ゲゲゲの鬼太郎』など、多くのヒット作を世に輩出。中でも、『ゲゲゲの鬼太郎』は“妖怪マンガの金字塔”として多くのファンに愛され、東京都調布市に鬼太郎茶屋が作られたり、JR境線で鬼太郎列車が運行されたりと、いまなお愛され続けている作品だ。

 また、水木氏が与えた影響はマンガ界だけにとどまらず、作家・京極夏彦氏や宮部みゆき氏、学者・研究家・評論家といったさまざまな顔を持つ荒俣宏氏など、著名人にも多くのファンがいる。

 そんな水木氏だが、水木プロダクション公式サイト「げげげ通信」公式アカウント(@mizukipro)から投稿される食生活が「若すぎるだろ!」と話題を集めている。例えば、今年3月8日の水木氏93歳の誕生日では、タウンページくらいの大きさのケーキを美味しそうに食べる写真が投稿されている。また翌4月には、宅配ピザのチラシを見つけるや「すぐに注文しろ!」と言い放ったらしく、ピザとポテトを食す様子が投稿された。他にも、ハンバーグや「伝説のすた丼屋」のすた丼、あずきバーを食べたりと、食生活が見事に若者である。

 水木氏の食生活を知ったファンからは、「生命力が強いから、何でも食えるんだよ」「まだまだお元気そうで何より」「よく寝てよく食べる。当たり前のことだが、幸せそうだ」など、元気な同氏に大喜び。しかし中には、「あずきバー食って歯は大丈夫なのか」「歳取ると野菜が消化できないのか、肉や炭水化物ばかり取るようになる」と、体を心配するファンもいる。

 ただ、「水木さんこそ妖怪……」といった声が上がるように、歳を重ねてもまだまだ健在な様子にファンも一安心のようだ。これからも好きなものを好きなだけ食べ、ファンを喜ぶ作品を生み出し続けてほしい。

「ピザ、すた丼、あずきバー…」“ほぼ妖怪”水木しげる93歳の食生活が完全に若者だった件のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ出版業界事情すた丼ゲゲゲの鬼太郎悪魔くん水木しげるの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
【ソフマップ】グラビアアイドル河村美咲が“本気で悶絶”!?「すごくセクシーで……」new
【ソフマップ】「普段しない動きを……」お嬢様グラドル工藤紬が初のDVDで“全部”出しちゃった!?
【ソフマップ】アイドルグループ「放プリユース」田中あさみに“筋肉フェチ”が殺到中! チャームポイントで、ふくらはぎ!?
【ソフマップ】“横乳プリンセス”Gカップグラドル十枝梨菜が、彼氏と熱愛旅行へ!?

ギャラリー一覧

VR×エロ最高!!!!!
おそ松もまさか舞台化されるとは…!