0821kamisama01.jpg『神様、キサマを殺したい。』第4巻(集英社)

 2013年から「ジャンプ改」にて連載を開始、現在電子版「ジャンプ+」に移籍して連載中のマンガ『神様、キサマを殺したい。』(作:松橋犬輔/すべて集英社)。リアルに「殺人」がテーマのこの作品は、さすがに「週刊少年ジャンプ」本誌には掲載しにくかったのかもしれないが、webでの人気は上々のようである。

 家族がヤクザや警察官に殺された過去を持つ、女子高生のヒロイン・咲村千穂は、天涯孤独の身。いっそ自分も自殺してしまおうと、廃墟のビルの屋上にやってきたところ、偶然殺人現場に遭遇してしまう。殺人犯は自分より年下の「マコちん」こと笛田マコト。自分も殺されそうになったが、千穂が自殺しようと決断した経緯をマコちんに説明すると、「君の家族を殺したやつらをオレが全員殺してあげる」と提案する。マコちんは最近、単調で成功し続ける殺人に飽き飽きしていた、本物の猟奇殺人鬼だったのだ。そして千穂の殺してほしい奴、全員を殺し終わったら、彼女のことも殺してくれると言う。一縷の望みに賭けた千穂は、マコちんと約束を交わすことに──。

 冒頭から殺人シーンで始まる「前代未聞のクライムサスペンス」と銘打たれたこの作品には、マコちんの「殺人鬼として成長したい」という願望がある。人を殺すことしか知らないマコちんの過去は、12話(3巻収録)で明らかにされるが、彼は幼い頃からすでに殺人鬼の片鱗を見せていたのだ。そしてやがて殺しあうことになる、凄腕猟師の老人・トヨ吉との邂逅。お互いに命を削って戦うシーンは、見ていて戦慄を覚えるほど。マコちんを千穂は完全には信用できず、勝手な動きをしては危機に陥ったりもするので、そちらのハラハラ感も絶妙だ。やがて徐々に千穂とマコちんの心の距離が近づいてくるが、トヨ吉に続いてさらに強力な敵が現れる。何度も絶体絶命の局面にぶつかるマコちんと千穂だったが、なんとかギリギリでかわしながら生き延びていく。

殺人を通してつむぐ絆!? 『神様、キサマを殺したい。』に見るヒロインと殺人者の奇妙な成長と変化のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ作品レビュージャンプ+松橋犬輔神様、キサマを殺したい。の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
【ソフマップ】グラビアアイドル河村美咲が“本気で悶絶”!?「すごくセクシーで……」new
【ソフマップ】「普段しない動きを……」お嬢様グラドル工藤紬が初のDVDで“全部”出しちゃった!?
【ソフマップ】アイドルグループ「放プリユース」田中あさみに“筋肉フェチ”が殺到中! チャームポイントで、ふくらはぎ!?
【ソフマップ】“横乳プリンセス”Gカップグラドル十枝梨菜が、彼氏と熱愛旅行へ!?

ギャラリー一覧

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
イノグレでBL作ってほしいよね!