黙示録アリス,鏡貴也,ようこ,終わりのセラフ

    ota_0815alice.jpg
    『黙示録アリス』第4巻(メディアファクトリー)

     先ごろ、ひとまず完結したコミカライズ版『黙示録アリス』(原作:鏡貴也、漫画:ようこ/メディアファクトリー)。鏡貴也氏といえば、ともにアニメ化を果たしたライトノベル『いつか天魔の黒ウサギ』や『終わりのセラフ』などが有名だが、この『黙示録アリス』は鏡氏の諸事情により、なかなか原作の執筆が追いつかないということで、原作2巻までのコミカライズ版(全4巻)までとなっている。「続きは原作で読んでね!」感が強いのは、『いつか天魔の黒ウサギ』の時もそうだったが、鏡氏は2カ月に1作品仕上げるほどの速筆家であるにもかかわらず、本作が一番良いところで終わってしまったのがもったいない。漫画担当のようこ氏にとっては、初の連載、初のコミックスだったので、あとがきに「漫画版の続きもあるかも? と期待しつつ」とあるように、完全にコミカライズ終了というわけでもないのかもしれない。ここでは、そんな本作を紹介していこう。

     少女だけがかかると言われている最悪の病気「迷宮病」のせいで、世界は壊れてしまっていた。都立吉祥寺高校では、そんな少女たちを殺して世界を救うという授業を行っている。そこへ転校してきた有栖真之介は、「世界なんか正直どうでもいいです」と言い切るゲスい男。実は妹が「迷宮病」になったため、とにかく金目当てに入学を希望したのだったが、真之介の狙いはこの吉祥寺高校を調べることにもあった。そんな中、クラスのヤンキー・火城白に「仲間になれ」と誘われる。学年トップの成績にしてクラスのボスである、水色群青とは犬猿の仲で、群青を出し抜きたいという思いからか、真之介の実力を認めたからか……。真之介は「友情は金で買える」と言い、600万円を要求するが、白はすんなりそれを受け入れた。とりあえずこれで、第1回目の少女討伐は可能になったが──?

    [まとめ買い] 伝説の勇者の伝説

    [まとめ買い] 伝説の勇者の伝説

    同じ鏡貴也のライトノベルを原作とするアニメBDもあります

    妹さえいれば、世界なんてどうでもいい! ゲスくて偏屈な主人公がかっこいい『黙示録アリス』のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ作品レビュー、の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

    --
    PICK UP ギャラリー
    【ソフマップ】グラビアアイドル河村美咲が“本気で悶絶”!?「すごくセクシーで……」new
    【ソフマップ】「普段しない動きを……」お嬢様グラドル工藤紬が初のDVDで“全部”出しちゃった!?
    【ソフマップ】アイドルグループ「放プリユース」田中あさみに“筋肉フェチ”が殺到中! チャームポイントで、ふくらはぎ!?
    【ソフマップ】“横乳プリンセス”Gカップグラドル十枝梨菜が、彼氏と熱愛旅行へ!?

    ギャラリー一覧

    VR×エロ最高!!!!!
    おそ松もまさか舞台化されるとは…!