150810_peace.jpg

『火花』(文藝春秋)で芥川賞を受賞したピースの又吉直樹には、吉本興業に仕事の依頼が急増し、まさに“文芸バブル”状態だというが、相方の綾部祐二にもその恩恵がありそうだ。綾部にも執筆のオファーが届いているという話で、実際にその企画書を入手した。

 タイトルは「仮題」としながらも、綾部の視点で又吉のことを分析するというニュアンスのものが付いており、その内容の構成案には、コンビ結成からブレークまでのエピソードや、絆を深めた2人の関係、さらに『火花』の物語にも通じる、又吉の芸人としての苦悩などが項目として挙げられている。

 企画書には、実際に執筆するゴーストライターの候補者名や、報酬条件の提案なども掲載されている。実際に、これがそのままオファーに使われたかは「詳細を聞かない条件」で入手したためわからないが、企画書自体は本物だ。

 綾部は又吉の受賞時、「これで又吉のアシスタントとして生きていく決心がつきました」と自虐的なコメントをして笑いをとっていたが、それも冗談にならないほど『火花』のセールスは群を抜く。

 出版不況を吹き飛ばす異例の200万部超えでメガヒットとなっており、全文掲載した「文藝春秋」(文藝春秋)の特別号も、通常の約2倍以上となる105万3000部を発行。又吉は、もはやお笑い芸人をやる必要がないほどの大物作家となっており、本人がどうあれ、周囲が作家としての顔を放っておかないため、しばらくは作家関連の仕事でいっぱいになる。

「一説には、2年先まで作家としてのスケジュールが埋まったともいわれるほど」とは、ある出版関係者。

「又吉への新作オファーはハードルが高いとしても、関連書籍を狙っての争奪戦はすでに始められていて、『火花』の解説本をやりたがっている編集者もいた」(同)

火花

火花

もう読んだ?

ピース・又吉の芥川賞受賞で、相方・綾部にも執筆オファー「企画書にはゴーストライターの候補者名も」のページです。おたぽるは、ホビー書籍ピース又吉直樹綾部祐二の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
川崎あやのくびれが芸術的すぎる!完璧ボディーの持ち主なのに実に謙虚…new
人気コスプレイヤー・サク 美顔すぎるすーぱーそに子コス披露!でも体のムチムチ具合は完全再現!!
【ソフマップ】グラビアアイドル河村美咲が“本気で悶絶”!?「すごくセクシーで……」
【ソフマップ】「普段しない動きを……」お嬢様グラドル工藤紬が初のDVDで“全部”出しちゃった!?

ギャラリー一覧

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
『メアリと魔女の花』はもう観た?