150807_dekadan.jpg
デカダン! -デザイン科男子の受難-』第1巻(高嶋育/新潮社)

 高嶋育の描くマンガ『デカダン! -デザイン科男子の受難-』(新潮社)は、高校のデザイン科という多くの人が知らない世界の現実(?)を垣間見せてくれる作品だ。

 物語の冒頭で、男子生徒のひとりは言う。

「デザイン科の女の子って 俺の知ってる女の子じゃないなって思ったら教室にいづらくて…」

 デザイン科は普通科とは違い、デザインのために多くの時間を費やすカリキュラムが組まれている学科。そして、そこは圧倒的に女子の比率が高いところでもある。物語の中で、デザイン科女子は女子高生の中でも普通の女子高生よりも価値ある、カースト最上位ではないかと記される。対して、デザイン科男子はといえば、高校生カーストの最下層。なにしろ舞台となる高校のデザイン科は女子の比率が高すぎて、男子がクラスに5人しかいないのだから。

 もっとも、高校入学の段階でデザイン科を選ぶくらいなので、男子たちも個性は十分。女性誌で活躍するギャル系“男子”モデルもいれば、元ヤンのDQNにオタク、常識外れの変人までが揃っているのだ。普通の高校生活であれば、お互い決して口も聞かないような際立つ個性の男子たち。でも、クラスに5人しかいないとなれば、必然的に交友を深めるしかないのである。

 なにしろ、クラスにたった5人の男子は、女子から見れば、ほぼ存在しないも同然。まったく男子の目を気にせず、生理の話なんかもしちゃっているんだから。“女の園”に放り込まれて人生はバラ色、なんて思いは欠片もないのだ。前述のように、個性溢れる男子=我が道を行くようなヤツらでも、圧倒的な女子たちの存在感を前に縮こまって日々を過ごさなければならないわけで……これは常人には絶えきれないプレッシャーの日々であろう。

ページをめくるごとに、JKに幻滅する悲劇! “デザイン科男子”の悲劇を描いたマンガ『デカダン!』のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ作品レビューデカダン!高嶋育の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ