1508_isyouzyo.jpg
「少年ジャンプ+」公式サイトi・ショウジョ+より。

『DRAGON BALL』や『ジョジョの奇妙な冒険』など、「週刊少年ジャンプ」(以下、「ジャンプ」)の往年の名作マンガや、『猫田びより』や『とんかつDJアゲ太郎』といった新作マンガが無料で読める「少年ジャンプ+」(以下、「ジャンプ+」)。先月末、そんなジャンプっ子御用達の「ジャンプ+」で連載中のマンガ『i・ショウジョ+』のエピソード25(Ver25.0X表記)の掲載が取り止められ、ネットではエロ描写の是非について、熱い議論が繰り広げられている。

 問題となったマンガ『i・ショウジョ+』は、願いの叶う「魔法のアプリ」をめぐる、プチオムニバスラブコメマンガ。キュートなヒロインらのお色気シーンが楽しめる人気作である。14年に「ジャンプ」にて『i・ショウジョ』として連載された後、「ジャンプ+」に移籍。「ジャンプ」より幅広いジャンルの作品を擁する「ジャンプ+」へ異動したこともあり、現在、単行本は3巻を数え、順風満帆に思われた。

 しかし、今回「ジャンプ+」で公開していた“Ver25”のエピソードを掲載停止。この回の中身は、テントの中で全裸の汗だく少女2人が豊満な胸と乳首を露に、少年に対し「どっちを先に抱くのか」と悩ましく投げかけるもの。興奮度MAXのシチュエーションだが、さすがに「ジャンプ+」でも攻めすぎだったようで、先月28日、『i・ショウジョ+』の公式Twitter(@iBIS_ishojo)で、「公開後、多方面(ご想像にお任せします)からお叱りの声を受けまして…。検討の結果、ジャンプ+上での公開は行わないことが決まりました」と報告された。

 この報告を受けて、ネット上では「エロ漫画はエロ漫画雑誌でやれ!一般紙でギリギリのライン攻めようとするな」「少年マンガで許されるのはラッキースケベまで。こういうガチなのは不要」という否定派と、「どうせウェブ漫画だし、いいじゃん載せたら」「これでダメなら移籍してきた意味がない」といった肯定派の意見で紛糾しているようだ。

 また、「またジャンプ+がやらかしたか」といった声も上がる。というのも、「ジャンプ+」でのお色気シーンや乳首描写は完全NGというわけではない。つい先月も、「ジャンプSQ.」で連載中の『To LOVEる ―とらぶる―ダークネス』が、女性キャラの乳首を隠した状態で「ジャンプ」に出張版を執筆。その“もっとダークネス”ver……つまり、乳首を隠していないver.を「ジャンプ+」にて期間限定公開し、ファンからは喝采が飛んだ。

 過激なお色気シーンで掲載停止となってしまった『i・ショウジョ+』。当該エピソードは単行本に収録予定とのことで、ファンにとっては一安心だが、くれぐれも少年マンガの一線は越えないよう、気をつけてもらいたいところだ。

i・ショウジョ+ カラー版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

i・ショウジョ+ カラー版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

「ジャンプ」本誌の時より、いきいきしてる

「ガチエロ不要」「ウェブだしOK」… 『i・ショウジョ+』 エロ過ぎて公開停止!? ネットでは賛否両論まっぷたつのページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ漫画i・ショウジョジャンプ+週刊少年ジャンプの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!new
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!
人気コスプレイヤー・桜群のモコモコウサギが合法ロリすぎる!!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…