150728_gamebook.jpg
The Late Show with Stephen Colbert: Escape from the Man-sized Cabinetより。

 今や芸能人にとってもYouTubeやSNSでの活動は当たり前になりつつあるが、先日はアメリカの人気コメディアン、スティーヴン・コルベア氏が無料ブラウザゲームをリリースしている。いったいどんな内容なのか。

■ブラックユーモアが効いたゲームブック

 アメリカでこの9月から始まるバラエティショー『The Late Show with Stephen Colbert』(CBS)に備え、目下ネタの仕込みに余念がない人気コメディアンのスティーヴン・コルベア氏が何かと慌ただしいようだ。

 YouTubeチャンネルでの動画配信などのほかにも、地方テレビ局のモーニングショーにハイジャック出演(!?)したり、ニューヨークのエド・サリヴァン・シアターの入り口を覆い尽くす巨大なピザ広告に登場したりと何かと話題を振りまいているが、今度はネット上にゲームをリリースした。

The Late Show with Stephen Colbert: Escape from the Man-Sized Cabinet』という長いタイトルのこのゲーム、部屋の中にある棺おけのような細長いロッカーキャビネットに入り込んだ主人公のコルベア氏の冒険(!?)が、テキストベースの表現で繰り広げられる内容だ。そもそも何故こんな狭いキャビネットに入らなければならないのか? いったん入り込んだキャビネットからなかなか出られないが、どうしたらいいのか? ブラックユーモアが効いた選択肢を選びゲームを進めていくのだが、最初のうちはかなり不可解で、ところどころで笑えるかもしれない(!?)、独特の“脱出ゲーム”になっている。

■“完全アナログ”ゲームブックの人気も再燃

 このゲームは「Twine」というゲームブック制作支援ソフトウェアを駆使して作られた。昨今のゲームアプリの普及でシンプルなゲームが見直されている中、この“ゲームブック”も少なからず注目を浴びている。ネット上でもゲームブック投稿サイト「GameBook.xyz」などが注目を集めているようで、英語が苦にならない向きであれば「itch.io」なども眺めてみれば、無料のゲームブックが目白押しだ。

 また昨今は、東京の「Zepp Tokyo」や「日テレホール」をはじめ、全国のイベントホールなどで開催されている「リアル脱出ゲーム」から派生した「脱出ゲームブック」も話題のようだ。「脱出ゲームブック」シリーズは、読み手の選択によってストーリーが展開する本格的ゲームブックのシステムを柱に、書籍ならではの難易度の高いパズルや謎解きの要素を取り入れ、デジタルゲームでは味わえない、より深く物語に入り込む読書体験をもたらしてくれるという。また主題歌CDを添付したり、エンディングストーリーをウェブ上で読むことができるなど、メディアミックスの趣向も凝らされている。

 もちろん、従来のアナログなゲームブックも根強い人気を保っている。最近では「週刊少年マガジン」連載マンガが原作のゲームブック『七つの大罪 ゲームブック 迷いの森の冒険』(共に講談社)がハマれると評判だ。こういう話を聞くと、個人的にも思わず『火吹山の魔法使い』(社会思想社)以来、久しぶりとなるゲームブックに手を出したくなってくる。ゲームアプリ全盛の時代にあっても、時には“完全アナログ”のゲームブックに没頭してみるのも楽しそうだ。
(文/仲田しんじ)

【参考】

・The Verge
http://www.theverge.com/2015/7/17/8995375/stephen-colbert-video-game-late-show

制作支援ツールも登場し、ゲームブック人気が再燃!? アメリカの人気コメディアンも無料ゲームをリリースのページです。おたぽるは、PCゲームゲームTwineゲームブックスティーヴン・コルベアの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
【ソフマップ】グラビアアイドル河村美咲が“本気で悶絶”!?「すごくセクシーで……」new
【ソフマップ】「普段しない動きを……」お嬢様グラドル工藤紬が初のDVDで“全部”出しちゃった!?
【ソフマップ】アイドルグループ「放プリユース」田中あさみに“筋肉フェチ”が殺到中! チャームポイントで、ふくらはぎ!?
【ソフマップ】“横乳プリンセス”Gカップグラドル十枝梨菜が、彼氏と熱愛旅行へ!?

ギャラリー一覧

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
イノグレでBL作ってほしいよね!