1507_realoni.jpg
映画リアル鬼ごっこ公式サイトより。

『デスノート』(集英社)や『進撃の巨人』(講談社)など、人気マンガの実写化に批判の声も上がる中、今度は小説の実写映画化に対して、批判が殺到している。炎上しているのは、本日11日に公開を迎える映画『リアル鬼ごっこ』だ。

 原作は、2001年に刊行された山田悠介氏の小説『リアル鬼ごっこ』(幻冬舎)。“全国500万の「佐藤」姓を皆殺しにせよ!”という謳い文句で話題を呼び、奇抜な発想とスピーディな展開は若い世代を中心に大ヒット、200万部を超えるベストセラーとなった。2007年には、石田卓也、谷村美月、大東俊介といった若手俳優を集結させ、実写映画化。以降、何度も続編が制作され、『リアル鬼ごっこ5』までが劇場公開されている。

 そんな『リアル鬼ごっこ』を、『冷たい熱帯魚』や『ヒミズ』などで世界的に高い評価を得ている園子温監督がメガホンを握り、実写映画化に挑んだ。ただし、トリンドル玲奈や元AKB48の篠田麻里子をキャストに迎えて制作された園子温版『リアル鬼ごっこ』は、過去に映画化された『リアル鬼ごっこ』とは少し勝手が違う。

 今回の映画化にあたっての園監督のコメントの一部を見てみよう。

「リアル鬼ごっこ」というタイトルそのものにインスパイアされ、原作をあえて読まず、前からやりたかったこと、企画が結実しなかった作品のプロットをいくつも導入し、一から脚本を書きました。<中略>この作品も“オリジナルストーリー”として3本目になります。

 この監督のコメントに対し、「原作無視とか論外!」「原作読んでないならタイトル変えろよ」「原作読んでないワロタ」など、世間からは批判が殺到した。また、「山田悠介が気の毒」「もはや原作ですらないのに、映画にクレジットされるのかわいそう」といった、原作者・山田悠介氏に同情する声も多い。

 ただ、「タイトルだけで想像して映画撮っても全然問題ない。逆に見たくなってきた」と、今回の騒動で興味を持つ人や、“全国のJKの皆さん、あなたたちはちょっとふてぶてしいので、数を減らすことにします”という謳い文句の通り、原作の“佐藤さん”から“女子高生”への設定変更に惹かれ、「JK編観たいな」「JKへの愛を感じる」「JKの服が弾け飛ぶリアル鬼ごっこが観たいです!」と、期待に胸を膨らませる人も続々と現れている。

 いずれにせよ、公開目前でのPR効果は抜群。この戦略(?)がプラスとなるのか、はたまたマイナスとなるのか。公開後の反応に注目だ!

リアル鬼ごっこ

リアル鬼ごっこ

この本文を読むのが辛くなったんじゃない?

「原作読まずに映画撮っただって!?」園子温版『リアル鬼ごっこ』が大炎上! 一部では“逆に”期待の声ものページです。おたぽるは、アイドルアイドル&声優トリンドル玲奈リアル鬼ごっこ園子温山田悠介の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!new
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!
人気コスプレイヤー・桜群のモコモコウサギが合法ロリすぎる!!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…