150622_game.jpg
人喰いの大鷲トリコ』公式HPより。
 

 2015年6月16日~18日(現地時間)に米・ロサンゼルスで開催された「E3 2015(Electronic Entertainment Expo 2015)」。今年はソニー関連のブースがいつになく盛り上がっていたということ。リメイクが決まった『ファイナルファンタジー VII』と『シェンムー 3』の発表に加え、特に海外メディアからは『人喰いの大鷲トリコ』も注目を浴びていた。

■海外の上田ファンはホッとひと安心

 2007年から開発が始まり、2009年にPlayStation3用ソフトとして2011年に発売することが発表された『人喰いの大鷲トリコ(The Last Guardian)』だが、その後音沙汰がなく、もはや諦めムードが漂っていた矢先、「E3 2015」の開催を前に“復活”の噂が流れそして実際、会場で正式に『人喰いの大鷲トリコ』の2016年の発売が発表された。

 巨大なハイブリッド生物「トリコ」とプレイヤーが操作する主人公の少年が交流し協力し合いながらストーリーが展開するこの『人喰いの大鷲トリコ』だが、海外でも評価の高い『ICO』と『ワンダと巨像』を手がけた上田文人氏が開発を主導しているだけに、海外メディアからも多数取材があったという。「GameSpot」の記事によれば、この『人喰いの大鷲トリコ』は『ICO』と『ワンダと巨像』を融合させた世界観のゲームになるということだ。

 すべてが謎のままこの世界に投げ出された少年はトリコと一緒に胸躍る冒険を繰り広げていくのだが、「最終的なゴールは今閉じ込められている世界から抜け出すことで、経験を積むことでストーリーが展開していきます。広い意味で言えば、謎の古城に閉じ込められた少年イコが少女ヨルダと共に脱出を試みる『ICO』の物語と同じ世界観です」と上田氏はメディア向けのセッションで説明している。

 記事では、「E3 2015」のセッションで上田氏が壇上に登場したとき、ファンの誰もがホッと一安心しただろうと記している。もうリリースされないのではないかという疑念が払拭され、上田氏が自身のゲームの世界をまだまだ追求していることが確認できて、海外のファンはとにかく安心したようである。「GameSpot」の記事には海外のファンから多くのコメントが寄せられ、「『ICO』も『ワンダと巨像』のどちらもプレイしたことがあるので『人喰いの大鷲トリコ』が楽しみだ」や「上田文人はゲーム界の宮崎駿だ」など、期待視する声が目立つが、最新のAAAタイトルに比べればトレーラー動画のグラフィックがやや見劣りするという指摘もあるようだ。しかしながら、これだけのコメントが寄せられるのは、海外でも発売を待ち望むゲーマーが多くいるからにほかならない。

■『人喰いの大鷲トリコ』復活の“記念すべき瞬間”

 一方、ゲーム情報サイトの「Polygon」のほうはこの『人喰いの大鷲トリコ』について、ソニー・コンピュータエンタテインメント・ワールドワイドスタジオ社長の吉田修平氏から話を聞いている。

 吉田氏は『人喰いの大鷲トリコ』の開発は初期の頃から遅れていたことを説明し、プレイステーション4(以下、PS4)の登場が現実味を帯びはじめてきた2012年に改めてPS4用に開発し直すことを決めたのだという。それにより「上田さんのビジョンと我々が思い描いている『人喰いの大鷲トリコ』が完全に一致したのです」と、開発がいったん新規まき直しになった経緯を語っている。

 それでも開発は思うようには進まず、PS4の設計主任であるマーク・サーニー氏の助力も得て徐々に形が見えはじめ「とても難しい技術的な問題を数年かけて克服し、ゲームは今、完全にできています」と吉田氏は語っている。あとは来年の発売に向けて細部のブラッシュアップが行われているということだろうか。

「今回こうして発表したことにより、我々は改めてプレッシャーを感じることになりました。これで来年に出せなかったら笑い者にされるでしょう。しかし我々は挑戦の真っ只中にあり、進捗状況には、とてもいい手応えを感じています」(吉田氏)

 社長自らがここまで言うからには来年の発売は堅いと思ってよさそうである。「Polygon」の記事もまた、構想から8年を経た今回の発表が“記念すべき瞬間”であると賞賛している。海外でも注目を浴びている『人喰いの大鷲トリコ』の来年のリリースを楽しみに待ちたい。
(文/仲田しんじ)

【参考】

・GameSpot
http://www.gamespot.com/articles/the-last-guardian-s-connection-to-ico-and-shadow-o/1100-6428313/

・Polygon
http://www.polygon.com/2015/6/18/8801679/the-last-guardian-ps4-development-history-shuhei-yoshida

Final Fantasy XV (PS4)

Final Fantasy XV (PS4)

それぞれの宿題がやっと…!

海外メディアは『人喰いの大鷲トリコ』の劇的な“復活”を、どう報じたか?のページです。おたぽるは、ゲーム据え置き機SCESIE上田文人人喰いの大鷲トリコの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ