1506_inid_butai.jpg
新劇場版「頭文字D」Legend2-闘走-公式サイトより。

 5月30日に『新劇場版「頭文字D」Legend2-闘走-』公開2週目舞台挨拶が開かれ、宮野真守中村悠一小野大輔といった人気男性声優らが登壇した。名前を聞いただけで黄色い歓声が沸き起こることが予想できそうな豪華な現場となったが、同舞台挨拶で起こったとある一幕に、なぜか一部から非難の声が上がることとなった。

 本作はマンガ家・しげの秀一氏による、走り屋の若者たちを描いた人気マンガ『頭文字D』(講談社)が原作。過去にはアニメ、OVA、劇場版と幅広く展開されているが、今回は3部作の新劇場版アニメとしてスクリーンに帰ってきた。第2弾である『新劇場版「頭文字D」Legend2-闘走-』では主人公・藤原拓海の中に芽生え始めた闘走本能が炸裂し、ライバルたちとの激しいバトルが繰り広げられる。加えて、拓海が駆る車は、トヨタ・スプリンタートレノ・AE86型。通称「ハチロク」と言われているため、“ハチロク”つながりで、お笑いコンビ・8.6秒バズーカーが“ガヤ”として声優を務めたことも、さまざまな媒体で取り上げられた。

 この日の会場では、宮野は8.6秒バズーカーが声優出演しているということを前置き。コンビの持ちネタである“ラッスンゴレライ”を「小野さんと“オノライ”を練習して」と話し、実際に小野もそれらしいそぶりを見せ、会場は笑いに包まれた。ところが、「一部の観客の方が何か難しい顔をしていて…」(会場に居合わせた観客)と話すように、この様子がニュースとなりネットに出回ると、不快感を表す声が上がることとなった。

 ありふれた舞台挨拶の一幕にもかかわらず、なぜ非難の声が上がることとなったのか? ある芸能記者が解説する。「ネット上では今年の3月頃から、8.6秒バズーカーが“反日コンビ”で、“8.6”というのは広島に原爆が落とされた8月6日を指し、『ラッスンゴレライ』はアメリカ軍が原爆を落とす際の号令を暗喩した『落寸号令雷』である――など、こじつけ話が炎上したんです。こじつけの数を挙げればキリがないのですが、後にこの噂について、本人たちはネット番組で事実無根と否定しています。しかし、根強くこの噂を信じていた人が多いようで、今回の舞台挨拶では、宮野さんや小野さんが“ラッスンゴレライ”ネタをしたことが、ネットを中心とした反発につながったようです」

 あくまでファンを楽しませようというリップサービスだったであろう、宮野と小野の“ラッスンゴレライ”。完全に炎上騒動の流れ弾に当たってしまった2人こそ、「ちょっと待て!」と言いたいところだろう。

声優・宮野真守&小野大輔が8.6秒バズーカーのマネをして非難される!? 『頭文字D』舞台挨拶が引き起こした騒動のページです。おたぽるは、アイドル&声優声優8.6秒バズーカー中村悠一宮野真守小野大輔頭文字Dの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ