電撃コミックなどのクオリティにも影響が……!?

150517_kadokawa.jpg
KADOKAWA公式HPより

 去る4月23日、KADOKAWA・DWANGOは、子会社であるKADOKAWAが実施した希望退職に232人の応募があったことを発表し、話題となった。当初は、300人程度の募集を想定し、3月2日から4月10日までに実施したという。

 その対象者となったのは、「3月末時点で満41歳以上、勤続5年以上の社員」。早期退職に応募した社員たちは、4月末をもって、同社を退職した。

 しかし、早期退職者を“募集”しておきながら、現場からはこんな声が聞こえてきた。

「今、KADOKAWAの悩みは、“人材流出”なんです。優秀な人たちの退職が止まらないんです。そこに来て、先日の早期退職ですからね(苦笑)。ベテラン編集者たちにこぞって抜けられてしまっては、先行き不安です」(関係者A氏)

 さらに、別の関係者B氏はこう漏らす。

「実は、今回の早期退職制度を利用して辞めたのは、アスキー・メディアワークス、メディアファクトリー、エンターブレイン、富士見書房など、2013年に吸収合併した版元からの社員が多かった。というのも、角川書店からの社員にはもともと退職金制度がありましたが、アスキーやエンターブレインなどにはそうした制度がなかったんです。そのため、ここぞとばかりにごっそり抜けたのは、それらの版元から来たベテランたちばかりだったんですよ(苦笑)」

 KADOKAWAの“オタク部門”は、吸収合併された多くの版元によっても支えられてきた。そこで長年戦ってきたベテランたちが去った今、果たしてどんな変化が起きるのか。同社の動向は、まだまだ注目を集めることとなりそうだ。
(編集部)

早期退職者の多くはオタク部門のベテランたちか!? KADOKAWAの人材流出がもたらす功罪とは?のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ出版業界事情KADOKAWAKADOKAWA・DWANGOの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
川崎あやのくびれが芸術的すぎる!完璧ボディーの持ち主なのに実に謙虚…new
人気コスプレイヤー・サク 美顔すぎるすーぱーそに子コス披露!でも体のムチムチ具合は完全再現!!
【ソフマップ】グラビアアイドル河村美咲が“本気で悶絶”!?「すごくセクシーで……」
【ソフマップ】「普段しない動きを……」お嬢様グラドル工藤紬が初のDVDで“全部”出しちゃった!?

ギャラリー一覧

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
『メアリと魔女の花』はもう観た?