「週刊少年ジャンプ」情報レビュー

――発行部数約242万部(一般社団法人 日本雑誌協会発表)を誇る最強の少年マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)。そんな「ジャンプ」の最新情報をさまざまな角度からレビュー!

1504_jump223.jpg
週刊少年ジャンプ公式サイトより。

「週刊少年ジャンプ」(以下、「ジャンプ」)2015年22・23合併号表紙は、『ONE PIECE』と、今号より短期集中連載がスタートした『NARUTO-ナルト-外伝 七代目火影と緋色の花つ月』(以下、『NARUTO-ナルト-外伝』)。巻頭カラーは『ONE PIECE』で、『NARUTO-ナルト-外伝』はセンターカラーで登場している。企画ページでは、『ONE PIECE』の作者・尾田栄一郎と『NARUTO-ナルト-』の作者・岸本斉史の対談を一部掲載(対談の完全版は、現在開催中の「NARUTO-ナルト-展」で販売される公式ガイドブック「道-MICHI-」に収録)。「世界ではやっぱり『NARUTO-ナルト-』なんですよ」と語るなど、尾田栄一郎が明かす『NARUTO-ナルト-』へのライバル心など、「ジャンプ」ファン必読の内容といえそうだ。

 今号の掲載順位は『ONE PIECE』以下、『暗殺教室』『ハイキュー!!』『NARUTO-ナルト-外伝』『火ノ丸相撲』『僕のヒーローアカデミア』、そして今号より2号連続でセンターカラーを飾る『ブラッククローバー』……が続き、順位に大きな変動は見られなかった。そして、今号では『卓上のアゲハ』が最終回を迎えた。作者の古谷樹は、目次コメントで「一から精進して出直してきます」と綴っている。次回作にも期待したい。

 また、ゴールデンウィーク前の合併号ということもあり、「ジャンプ」作品内の学校をモチーフにした「Jヒーロー校章ステッカー」をはじめ、「ジャンプ特製日本地図ポスター」、『ウォーリーをさがせ!』(フレーベル館)風の「チョッパーを探せ!!」、「ジャンプ特製リバーシブルスマホスタンド」に、5号連続企画の第5弾となる『ONE PIECE』の「『ドレスローザ大決戦!! ジオラマ』プレミアムペーパークラフト」と、付録が盛りだくさんだ。

 そして、今号の注目は、「ジャンプ」電子版の「少年ジャンプ+」が今号よりマンガだけでなく、記事ページも収録することに。今年の16号にて、試験的に実施された試みが実を結んだ形だ。本サイトでは、16号の記事ページ内でいくつかの写真が黒塗りとなっていることについて、ネット上での写真や映像の使用を原則禁止としてきたジャニーズ事務所所属のタレントが被写体となっていることが原因ではないか、と指摘した参照。奇しくも、今号でも「少年ジャンプ+」の記事ページに黒塗り写真が登場。黒塗りされていたのは、2016年公開予定の『劇場版 遊☆戯☆王』のメインキャストとして紹介された、やはりジャニーズ事務所所属の俳優・風間俊介の写真だった。近年、「ジャンプ」作品の実写化では、映画『暗殺教室』でHey! Say! JUMPの山田涼介やドラマ『地獄先生ぬ~べ~』の関ジャニ∞・丸山隆平など、ジャニーズタレントの起用も目立ち、必然、誌面で紹介されることもままあるだろう。いつか「少年ジャンプ+」にもジャニーズタレントの写真が掲載される日が来るのか、そんなところにも注目だ。
(雑誌やマンガ作品に関して、言及のない限り、版元は集英社。文中、敬称略)

電子版「週刊少年ジャンプ」がより充実! でも、やっぱりジャニーズの写真は掲載NG!?のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ漫画NARUTOONE PIECEジャニーズ週刊少年ジャンプの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
きょう肉肉の合法ロリっぷりがやばい!スクール水着に園児帽!そしてパイパン!!new
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…