1504_deathnote.jpg
ドラマ『DEATH NOTE』公式サイトより。

 今月20日、2003~2006年に「週刊少年ジャンプ」で連載されたマンガ『DEATH NOTE』(ともに集英社)が、今年7月から日本テレビ系で“実写ドラマ化”されることが発表された。同作は、06年にアニメ化と実写映画化、昨年には連載開始から数えて「10周年企画」を迎え、今年は小池徹平などが出演し、ミュージカル化もされた人気作。だが、今回のドラマ化に対して、ネット上では「ゴミクズドラマになる予感しかしない」「クソドラマになる確率99%」といった辛辣な声が上がっている。

 そもそも、アニメやマンガの実写化は発表されるたびに批判の声が大きい。今回、ドラマ版『DEATH NOTE』は、ドラマが原作と違う展開をするということでも反感を買っている。すでに公開されているドラマ公式サイトには“新たなる、対決。新たなる、結末。”という文言が掲げられ、ドラマ版のオリジナルストーリーが加えられると報じられている。こうした情報に、ネット上の人々からは「始まる前から終わっている」と諦めの声も。実写映画版『DEATH NOTE』も原作とは違う結末だったものの、その評価は高く、反発する形で「映画版のラストはよかった」「映画がよかったからドラマにそれ以上のものは期待できない」といった声が上がることとなった。

 加えて、放送局や放送枠などから、キャスティングに対して戦々恐々とする声が大きくなっている。同じ「ジャンプ」マンガ原作ということで、関ジャニ∞の丸山隆平が主演を務めた昨年放送のドラマ『地獄先生ぬ~べ~』(日本テレビ)のように、「『DEATH NOTE』もどうせジャニーズが主演だろ」といった意見や、現在EXILE TRIBEの面々が名を連ねるドラマ『ワイルド・ヒーローズ』の後番組となるため、「どちらにせよ主演がジャニーズ、EXILEだったら見ない」と、EXILE TRIBEメンバーの起用を不安視する意見もあった。

 そもそも、現在上演中のミュージカルを含め、「なんでいまさらドラマ化?」といった疑問の声もある『DEATH NOTE』。ドラマ化の発表をするやいなや、批判が殺到してしまったが、デスノート同様、“消せない”過去にならないことを祈りたい。

Death Note / Death Note: The Last Name

Death Note / Death Note: The Last Name

えるしっているか だいたい まんがのどらまか は ひはんされる

「主演がジャニーズかEXILEだったら見ない」連続ドラマ化が発表された『DEATH NOTE』に批判が殺到!のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ漫画DEATH NOTEの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ