1504_jump_price_main.jpg
iOS版アプリ「少年ジャンプ+」より。

 今月頭、iOS版のマンガ雑誌アプリ「少年ジャンプ+」内で購入できる電子版「週刊少年ジャンプ」において、定期購読価格の“値上げ”と同時に、単号価格の“値下げ”が行われたことで、ユーザーからちぐはぐな価格改定に対する困惑の声が上がっている。

 今回の電子版「週刊少年ジャンプ」の価格改定は、円安を反映して4月3日に行われたApple社の基準価格の改定によるものとされている。App Storeにて購入できる電子版「週刊少年ジャンプ」は、これまで300円だった単号価格を250円に“値下げ”。当然、定期購読も単号価格改定に伴い“値下げ”されるかと思いきや、900円から960円に“値上げ”したことで、ユーザーの多くが違和感を持ったようだ。

 単号価格が“値下げ”されたことに関しては、ネット上でも「そもそも今までの単品300円が(紙媒体より)高すぎた」「本で買ったら260円だったから適正価格に近付いた」「50円の値下げは英断」など称賛や喜びの声が聞かれたが、定期購読価格が“値上げ”されたことに関しては「なんで単号は値下がりしてるのに定期は値上げなんだよ」といった疑問の声が多く、「単品で買ってなかったから事実上の値上げ」「定期購読者に対するいやがらせ」など厳しい声が上がっている。

 一方で、「定期が割安なのは変わらない」「定期購読だとNEXTもついてくるから定期はずっと得」【註:定期購読の場合、増刊「ジャンプNEXT!!」も読むことができる】と、今回の価格改定を冷静に受け止めているユーザーの声もある。

 あわせて、今回Android版でも単号価格は“値下げ”されつつ定期購読価格は変更がなく、従来の900円のまま据え置きである。このため、今回の価格改定では事実上Appleユーザーの定期購読者のみが割を食ってしまった印象も。

 今回の価格改定でさまざまな意見が噴出したことは、電子版の浸透を表しているともいえる。弾力的な価格設定も電子版の利点だが、振り回される庶民の声も、ぜひ反映してほしいものだ。

Appleユーザーは損!? 電子版「週刊少年ジャンプ」の“ちぐはぐな価格改定”に怒りの声のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ出版業界事情漫画ジャンプ+週刊少年ジャンプの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
佐藤レイミがお胸が強調された黒のハイレグ水着姿に挑戦! ベッドのシーンは「甘えたり、命令したり……」new
松本菜奈実のボインをチェック!! DMMアダルトアワードの“テッペン”を獲る「ビットボインでボインチェック」とは?
伊川愛梨、私も腰を振って「大人の感じ」を演出!? ロリ巨乳だけど、小さめ水着も「意外と大丈夫」
瀬田あやの、撮影ではみ出しまくりだった!? 2枚目のDVDは「みんなから『エロイ』と絶賛」

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…