150402_cos.jpg
(※参考画像)『はじめてでも安心 コスプレ入門』(オーム社)

 4月1日に『めざましテレビ』(フジテレビ)が「急増!コスプレで花見をする若者たち」として、コスプレ特集を放送。これに対し、ネットでは異論の声が上がっている。

 番組は、東京都・としまえんや神奈川県・秦野市にある中央運動公園で撮影をするレイヤーたちを取材。『薄桜鬼』や『ジョジョの奇妙な冒険』、『ラブライブ!』のキャラに扮したコスプレイヤーが自前のレフ板や照明器具などを持ち寄って、桜の下での撮影を楽しんでいる様子が見られた。しかし、この特集に対し、ネットでは「花見コスプレ楽しそう!」といった好意的な声が上がる一方、「コスプレをして花見を楽しんでいるわけではないと思う」「ロケーションのために桜の下で撮影しているだけなのでは」と、“コスプレでの花見が流行っている”という取り上げ方を疑問視する声が上がったのだ。

 都内で活動するとあるコスプレイヤーは、「“花見でコスプレ”は流行ってはいませんよ」と一蹴。実際、番組で紹介されていたのは、としまえんと中央運動公園で行われていた“コスプレの撮影イベント”で、コスプレで花見をすることを目的としたものではなかった。また、今回は正式なイベントだったものの、「そもそも公共の場でコスプレをするのは、レイヤーの中ではマナー違反」(前出・コスプレイヤー)で、過去には、撮影中のコスプレイヤーと花見客が場所をめぐってトラブルになったという話もあるそう。安易にブームとして取り上げることによって、ルール無用で撮影を敢行するレイヤーが登場し、トラブルに発展してしまうことを危惧するレイヤーもいるようだ。

「コスプレイヤーは“下手に目立ちなくない”“ひっそりコスプレをしたい”と思う人も多いです。私の場合は、コスプレをしている作品のファンに『(コスプレしているキャラに)似てる』って評価されたくて、コスプレをしています。だから、一般人から好奇の目で見られたくないんです」(前同)

 こうしたコスプレイヤーたちの心情もあり、一部では「答えるやつも身の程をわきまえろ」「恥ずかしいからやめてほしい……」と、テレビでインタビューを受けたレイヤーを非難する声も上がっていた。

 近年では、ハロウィンといったイベントでの仮装的な“コスプレイヤー”と、アニメ・マンガなどの“コスプレイヤー”が区別され、反目しあっているという話もある。そういった意味でも、本当に“コスプレで花見をする若者たち”が急増するのは、まだまだ先になりそうだ。

「“花見でコスプレ”は流行っていません」 『めざましテレビ』の特集にコスプレイヤーが物言い!?のページです。おたぽるは、その他コスプレホビーコスプレの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
桜群の「2017年自分が選ぶ今年の4枚」がどれも天使すぎてやばい!!new
小泉千秋の露出度が一段と過激に?「ブラを取っちゃって、手ぬぐいだけで前を隠しています」
葉月佐和がスッケスケのセクシー衣装で悩殺?「レースだけで大事な部分を隠して、あとはかなりの露出度です」
ほのか、撮影カメラが近すぎてドキドキ?「毛穴のケアは念入りにしておきました」

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…