姫乃たまの耳の痛い話 第23回

――地下アイドルの“深海”で隙間産業を営む姫乃たまが、ちょっと“耳の痛〜い”業界事情をレポートします。

150322_himeno.jpeg
抜けられない負の構図。


 こういう連載をしているので、「地下アイドルの枕営業ってどうなんですか?」と、よく聞かれます。「どうなんですか? って、なんですか?」って感じなのですが、恐らく、予想されている答えよりも、現実はずっと複雑です。

 ライブ終演後に楽屋でグループのメンバーと談笑しつつ、キャリーバッグに衣装を詰め込んでいると、メイク道具が散乱した化粧台の上で彼女のケータイが鳴りました。着信は母親からで、内容は父親の病気を知らせるものでした。

 大学生の頃に遊び感覚で始めた地下アイドルの活動も、楽しいという感情だけであっという間に過ぎ去り、気がつけば20代も後半にさしかかっていました。年齢的にも、うっすらと頭に浮かんでいた「引退」の文字が、電話越しの母親の声とともに鮮明になっていくようでした。

 活動にかまけて就職しなかった彼女は、居酒屋のアルバイトと、事務所からの微々たる給料でひとり暮らしをしていましたが、ギリギリの生活でも夢を持てるのは若い時だけ。これから訪れるであろう介護生活を考えると、金銭的にも母親だけに頼れないことはわかりきっていました。引退して実家に帰り、就職して、貯金しなくては。しかし大好きな父親の大病を前にしても、まだ地下アイドルに惹かれている気持ちがありました。

 不安な気持ちを誰かに聞いてほしかったのもあり、ライブ後の足ですぐに事務所へ向かいました。汗だくの彼女が到着すると、夜遅くまで働いていた社長は、手を止めて話を聞く体勢をとってくれました。自分の考えを整理するように事情を説明した後、引退する考えを伝えると、「うーん」と考え込んだ社長は、彼女の気持ちを見透かしたように「うちの事務所の社員になるか?」と提案してきたのです。

 社員になる。それは彼女が考えてもみなかったことでした。ちょうど、たったひとりしかいない正社員の退職が決まっており、事務所にある彼の部屋に住み込んでもいいと言います。しかも給料を聞くと、所属している地下アイドルに支払われている金額より何倍も高かったのです。これなら家賃もかからず、居酒屋のバイトをやめても、まだ実家に送金することができます。何より、形は変わるけれど、地下アイドルに携わることができるのです。実家に帰って両親のそばに居てあげられない申し訳なさもありましたが、いまよりも頻繁に帰省することを胸に誓い、社長の提案を受けました。

 彼女が所属している事務所には、世間的にも知名度があるようなアイドルはいませんでしたが、とにかく人数が多く、それぞれがそれなりに精力的に活動していたので、社長とふたりで裏方の仕事をこなすのは、かなりの激務でした。社長は事務作業、彼女は貸衣装屋やカメラマンの間を飛び回り、夜はアイドルたちのスケジュール管理をしていました。帰省どころか、眠れないほど忙しい日々が続き、朝も夜もなく働き続けていましたが、それでもステージで一生懸命歌い踊るかつてのメンバーたちを見るとやる気が溢れ、睡眠不足の頭ばかりがぼうっとしてくるのです。

 そんな生活も数カ月が過ぎた頃、彼女の中にちょっとした疑問が生じてきました。近頃、社長が終電を過ぎても、ふらふらと事務所に残ることが増えてきたのです。仕事をするでも手伝ってくれるでもありません。特に理由を追求しなかった彼女が、デスクで居眠りしているところを襲われるのに時間はかかりませんでした。

アイドルから事務所社員へ……そして始まった、生活のために抜け出せない社長との肉体関係のページです。おたぽるは、cat連載アイドルアイドル&声優地下アイドル姫乃たま姫乃たまの耳の痛い話の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
人気コスプレイヤー・サク 美顔すぎるすーぱーそに子コス披露!でも体のムチムチ具合は完全再現!!new
【ソフマップ】グラビアアイドル河村美咲が“本気で悶絶”!?「すごくセクシーで……」
【ソフマップ】「普段しない動きを……」お嬢様グラドル工藤紬が初のDVDで“全部”出しちゃった!?
【ソフマップ】アイドルグループ「放プリユース」田中あさみに“筋肉フェチ”が殺到中! チャームポイントで、ふくらはぎ!?

ギャラリー一覧

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
『メアリと魔女の花』はもう観た?