「ベレー帽をなくしてマンガが描けない」 手塚治虫の“子どもっぽさ”が名作を生んだ!?

 3月3日放送の『林修の痛快!生きざま大辞典』(TBS系)では、マンガ家の手塚治虫をフィーチャー。手塚は名作の数々はもちろんのこと、現在のマンガ界で定番となっている寄りや引きの画、ズームアウトといった映画的なカット割りの文法を普及。またアシスタント制度も確立させた“マンガの神様”と知られています...

--

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー
【ソフマップ】グラドル野々宮ミカ、“ポロリ必至”!?「露出にハマる……」new
【ソフマップ】「Tバックみたいになっちゃいました!」Fカップグラドル石原佑里子の“食い込み”が……!?
【ソフマップ】“SからMへ”グラドル為近あんな、新境地開拓へ!?「放置されたりして……」
【ソフマップ】「ミスFLASH 2015」グランプリ星乃まおり“アレ”を舐めまくり!?「M気に目覚めたかも」

ギャラリー一覧

VR×エロ最高!!!!!
おそ松もまさか舞台化されるとは…!