「ベレー帽をなくしてマンガが描けない」 手塚治虫の“子どもっぽさ”が名作を生んだ!?

 3月3日放送の『林修の痛快!生きざま大辞典』(TBS系)では、マンガ家の手塚治虫をフィーチャー。手塚は名作の数々はもちろんのこと、現在のマンガ界で定番となっている寄りや引きの画、ズームアウトといった映画的なカット割りの文法を普及。またアシスタント制度も確立させた“マンガの神様”と知られています...

--

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー
【ソフマップ】Fカップグラドル伊藤早由利、下着姿で“アレ”が丸出しに!?「誘惑して……」new
【ソフマップ】Gカップグラドル北内みさとがぐしょ濡れに!? スケスケ衣装で巨乳が……
【ソフマップ】「日テレジェニック2012」白河優菜、久々のDVDで“ドスケベメス猫”に変身!?
【ソフマップ】Fカップグラドル逢沢まひる、胸より尻を猛烈アピール!「どこまでやったのか曖昧です……」

ギャラリー一覧

VR×エロ最高!!!!!
おそ松もまさか舞台化されるとは…!