1503_buffalo.jpg
バッファロー市内のゲームクリエイター組織「Buffalo Game Space」公式HPより。

 ニューヨーク州の北西部にある都市・バッファローで、ゲームのデザインコンペが開催されることとなった。このコンペで求められているのは、楽しみながら「生き方の技術」や多様な人材の重要性を学べるゲームということだが……。

■行政主催のゲーム制作コンペ

 アメリカのニューヨークといえば、ウォールストリートやタイムズスクエアのあるマンハッタンをまず思い浮かべるが、州全体を俯瞰すれば工業地帯もあれば広大な農業地帯もある全米で第3位の人口を抱える州である。そしてアメリカの五大湖の1つ、エリー湖の東に位置するバッファローはかつて工業で栄えたニューヨーク州第2の都市だ。

 バッファローのバイロン・ブラウン市長は2月18日、ビデオゲーム制作の大会「Serious Computer Game Design Competition(本格的ゲームデザイン大会)」を開催すると発表した。この大会は市内のゲームクリエイターに、遊びながら「生き方の技術(ライフスキル)」や、多様な人材の重要性を効果的に学べるゲームを開発するよう働きかけている。

 ゲームの内容には下記の要素を含むことが求められている。

・ゲームを通じて意義のある就業に通じるライフスキルとビジネスマナーを教える内容。

・ゲームを通じてコミュニティと職場における人材多様性の重要性を理解できる内容。

・楽しくゲームをプレイしながらこれらを学び、同時にバッファローの広報活動にもなる内容。

・PCやスマホ、ゲーム専用機などに対応したマルチプラットホームであること。

 これらの条件が盛り込まれたこの「Serious Computer Game Design Competition」だが、さっそく第一次選考が3月20日~22日の2日間に、市内のゲームクリエイター組織「Buffalo Game Space」の事業所で行なわれることが決まっているということだ。

 参加したクリエーターがこの2日間の間にゲームのプロトタイプを作りあげ、ここでまず本戦に挑むトップ3が選出される。この3者はプロトタイプのゲームを完成させる資金としてこの時点でそれぞれ順位順に1250ドル(約15万円)、750ドル(約9万円)、500ドル(約6万円)が与えられる。そして4月に行なわれるイベントでこの3者がゲームの完成版を提出し、その内容が公開されると共に専門家たちによる審査を受けるのだ。

 優勝賞金は5000ドル(約60万円)で、現状では特に明記されていないが優勝に輝いたゲームは後日、なんらかの形で世に出回ることになるそう。

■住民活性化のための“町おこし”
 
 このイベントを取り仕切るのは、地元のカニシャス大学デジタルメディアアーツ学部のプシェメスラウ・モスカル准教授だ。モスカル准教授は「Buffalo Game Space」役員でもあり、地元バッファローのゲーム愛好家の間のキーパーソンのひとりだ。

「これまで市内のゲームクリエイターたちは日陰の存在でしたから、ある日突然、市長から連絡があってこの大会の運営を任されたときは、驚くと共にとても興奮しました。地方行政がこのような提案をするとはこれまで考えてもみなかったですね。素晴らしいことだと思います」とモスカル准教授は地元紙「Buffalo News」の取材に応えている。

 しかし改めて奇妙に感じるのは、ゲームに求められているライフスキルやビジネスマナーを学習する要素である。ひと頃流行ったゲームと教育の融合、いわゆる“ゲーミフィケーション”を意図したゲームなのだろうか……。

 遡ること2年前の2013年、バッファローはIBMのスマートな都市づくりを支援する社会参画事業である「スマーター・シティ」の対象に選ばれて助成金を受けている。これによりバッファローは目下、行政サービスやインフラ、医療、エネルギーと水資源の管理などの都市機能の向上に取り組んでいるのだ。今回の「Serious Computer Game Design Competition」も、この活動の一環としてIBM側からも後押しがあったということだ。

 20世紀初頭は工業で栄え、かつては人口50万を数える大都市であったバッファローだが、アメリカの産業構造の変化により地場産業が衰退して市街地は荒廃し、いわゆる“シャッター通り”が都市中心部にあっても目立つようになっているという。そしてもちろん都市部の失業率の高さが大きな問題となっていることは想像に難くない。ということは、今回のコンペでゲームに求められている要素は、まさに失業対策の一環なのだということが理解できる。いわば雇用創出を目指した“町おこし”なのだとすれば、ビジネスマナーやダイバーシティ、ライフスキルを学習することは確かに就業に繋がる活動になるということだろう。そして今回のイベント通じて、都市中心部で500人の雇用が生み出せるということだ。

 これもまたひとつの“ゲームで町おこし”の実例になると思うが、4月に決定される優勝作品がどんなゲームになるかも当然気になるところである。
(文/仲田しんじ)

【参考】
・Game Spot
http://www.gamespot.com/articles/us-city-launching-game-design-competition-to-help-/1100-6425393/

・Buffalo News
http://www.buffalonews.com/city-region/mayor-announces-competition-for-developers-to-create-video-games-20150218

これも失業対策の一環!? 地方行政による“ゲームで町おこし”は成功するか?のページです。おたぽるは、その他メーカーゲームBuffalo Game Spaceの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ