台湾台北市で、1月31日、2月1日に開催された同国最大の同人誌即売会「ファンシーフロンティア25」(通称、FF25)。25回目を迎えた今回、これまでと大きく変わったのがコスプレ広場だ。

 前回までの会場は国立台湾大学総合体育館で、今回は会場を花博爭艷館へ移転。同所は、2010年に開催された「台北国際花の博覧会」会場跡地に建設された施設。つまり、周囲は公園という、撮影には絶好の立地となる。そのため、会場周囲はすべてコスプレ広場となっていた。

 日本でのコスプレの常識を知っているとまず驚かされるのは、会場のあちこちに着替えをしている人がいるということ。一応、更衣室も設けられているが、会場周囲の屋根のあるところや壁沿いにぐるりと荷物を置いて、着替えをしているコスプレイヤーの姿がある。中には、仲間同士で一人用のテントを設置し、その中で着替えをしている人も。また、化粧が少しずつ完成していく風景も見ることができて、なんだか新鮮。おまけに、着替えを終えた後は荷物を置きっ放しにしている。いくら治安が良さそうとはいえ、ちょっと物騒なのでは? 案内してくれた台湾の友人に聞いてみると、「私はやらないけどねえ~。(台湾では)当たり前の光景ですよ」だそうだ。

 さて、会場周辺の公園では、あちこちで撮影が行われているが、撮影についてもかなり自由。なにしろ、花壇に入って撮影している人もいるし、木に登っている人までいる!

 また、近くでは物産展も行われていて、休日を楽しむ家族連れがたくさんいる。物産展についてきていた子どもは『アナと雪の女王』のコスプレを見れば、「わ~い! エルサだ」と駆け寄っていく(中国語はわからないが、おそらくそう言ってたと思う)。通りがかりに自転車を止めて、ぼーっとコスプレを見るオジサンも。ものすごくアバウトで自由な空間なのだ。

「ファンシーフロンティア25」コスプレ
超絶美形な男の娘レイヤーさん!

 コスプレ衣装については、『ラブライブ!』をはじめ、『艦隊これくしょん-艦これ-』などなど……種類も豊富。そして、コスプレイヤーたちも、同人サークルと同じく、みんな日本語で対応してくれる。中には「前に、池袋のメイド喫茶で働いていたんですよね」というレイヤーさんも。おまけに、超絶美形の男の娘レイヤーさんも出現しているとか、すごい!

 撮影しながら、多くのレイヤーさんから名刺をもらった。日本では、レイヤー専門のSNSやTwitterが発達しているが、台湾では普段「Facebook」のファンページを利用している場合が多い。また、Twitterではなくミニブログ「Plurk」を利用している人のほうが多かった印象だ。

 そうした微妙な差異の中で、日本と最も違うと感じたのは「エッチことはいけない」という当たり前な常識。日本だと、しゃぶりつくように、なめ回すように撮影している人を見ることも多いが、「台湾でそういうことをやると、変態だと思われる」(前述の友人談)だそう。いやいや、日本でも十分変態なのだが……撮影の際の距離感などは日本と違うようなので、撮影する人は現場でその空気を感じ取ってほしい。

 次ページから写真で紹介するように、多くのレイヤーさんが楽しんでいた「FF25」。会場の撮影ポイントが増えたことで、みんな喜んでいるのかと思いきや、実は問題点も。取材したレイヤーさんの一人は、次のように語る。

「会場が広すぎて、友達と出会うのが難しくなりました。それに、この会場、電話が繋がらない……」

 後者はまさにその通りで、中華電信のSIMを挿したWi-Fiルーターは会場内で全滅。一般参加者も電波の悪さに困っていたらしい。次回にはこうした問題が改善されて、もっと楽しめることを願ってやまない。
(取材・文/台湾特別取材班)

【次ページよりコスプレ写真多数!】

【コスプレ写真】台湾美女の魅力にクラクラ!台湾の同人誌即売会「ファンシーフロンティア25」コスプレ集のページです。おたぽるは、catギャラリーその他コスプレホビーファンシーフロンティアメイド喫茶台湾男の娘の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ