1502_chinagame.jpg
PlayStation(中国)公式サイトより。

 昨年、14年間にも及ぶ“禁ゲーム法”が一部解禁され、9月には同国内市場初の海外製ゲーム機となるXbox Oneが発売された中国だが、今後はさらにゲーム規制が緩和されるということだ。

■ゲーム機製造・販売の全面解禁へ

 経済情報サイト「Bloomberg」などによれば、中国政府はゲーム機の製造・販売に課していたこれまでの規制を大幅に緩和する意向を、各地方自治体に伝えたということだ。これまで当局はゲーム機の製造および販売を、試行期間として上海の自由貿易特区内に限定していたが、今回の通知によってソニーやマイクロソフトなどのゲーム機メーカーに対し、さらに市場の門戸を開くことになる。

 遡れば2000年から国内でのゲーム機の製造・販売を禁止していた中国だが、ようやく昨年になって14年もの長きにわたって施行されていたこの“禁ゲーム法”を一部解禁。Xbox Oneが同国内で販売されてまだ半年もたたぬうちに全面解禁を匂わせる今回の発表で、いよいよこのコンソールゲーム未開拓の巨大市場、まさに“眠れる獅子”が目覚めるのかどうか、関係者の注目を浴びている。

■すでに中国のゲーマー人口は3億人以上! 

 まず、中国のゲーム事情を簡単に振り返ってみよう。アメリカの禁酒法時代の密造酒を引き合いに出すのは例えが悪いかもしれないが、2000年以降、中国の“禁ゲーム法”時代のもとにあってもブラックマーケットでは海賊版のPCゲームソフトがはびこり、また一方で01年頃からのインターネットの普及に伴って国産オンラインゲームの人気もまた急激に高まり、皮肉にもこの時期の中国は、かつてない“ゲームブーム”に見舞われていたという。10年には中国のオンラインゲーム利用者数は約3億400万人にも上り、12年の市場規模は1兆円近いとされるほどの巨大市場にまで成長したのだ。このブームによってオンラインゲーム依存症患者が社会問題になるほど急増して、現在に至っている。

 こうした状況を鑑みると、国内にオンラインゲームが普及、国民に予想外の悪影響を及ぼしたことで、家庭用ゲーム機を禁止する意味がどんどん薄れていった、とも言えそうだ。その後、13年の国家主席交代と共に登場し、中国経済の開放政策を掲げる李克強首相によって上海に自由経済特区が設けられ、そこで海外製ゲーム機の販売が限定的に解禁されたというのが昨年までの流れである。先陣を切ったマイクロソフトに続き、本土全面解禁となればなおのこと、ソニー、任天堂も本格参入に向けて動き始めることは間違いないだろう。

■PS4の発売とゲーム機全面解禁に注目

 ゲームの全面解禁に向けた中国の開放政策にゲーム業界関係者は喜ばないはずはないのだが、気になるのはXbox Oneに続き中国市場への“第2の矢”となるはずのPlayStation 4(以下、PS4)の発売延期である。

 当初、1月11日に中国国内で発売される予定だったPS4およびPS Vitaだったが、3日前になって突然発売の延期が報じられたことは記憶に新しい。情報筋によれば中国当局の介入があり、リージョンロックの精度の問題を指摘されたということだが、正式な説明はなされないまま、現在も発売日が未定である。ゲームビジネスの“利権”をめぐる当局の動きではないかという憶測も飛び交っている。

 実は昨年のXbox One発売時も、当初の9月23日から直前になって29日に延期された経緯があり、これが今回も起こったということは、中国当局のそれぞれの担当役人たちの過度な“利権体質”を疑わざるを得ないところでもある。

 そもそも中国のゲーム愛好家は、決して少なくない数が北米版のPS4やXbox Oneを個人で入手して楽しんでいる実態もあるということだが、富裕層ではない多くのゲーマーにとってPS4の発売は待ち遠しいはずだ。今回の発売延期の真の被害者は、国内の普通のゲーム好きなのである。しかしこの一件でますます中国国内でPS4(とPS Vita)に注目が集まったともいえそうで、来るべきPS4の発売とそれに続く全土での家庭用ゲーム機の解禁は、中国のゲームシーンに多大な影響を及ぼすに違いない。
(文/仲田しんじ)

【参考】
・Games Industry
http://www.gamesindustry.biz/articles/2015-01-30-china-lifts-free-trade-zone-restriction-on-consoles

・Bloomberg Business
http://www.bloomberg.com/news/articles/2015-01-29/china-to-expand-ftz-rule-to-allow-game-console-sales-nationwide

・Tech in Asia
https://www.techinasia.com/regionfree-console-gaming-happen-china-period/

PS4が突然、販売延期となりながらも…“眠れる獅子”中国が家庭用ゲーム機全面解禁へ!?のページです。おたぽるは、PCゲームその他メーカーゲーム据え置き機MicrosoftPlayStation 4SCESIEXbox Oneオンラインゲーム中国の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!new
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!
人気コスプレイヤー・桜群のモコモコウサギが合法ロリすぎる!!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…