インタビューでも“タメ口”です!

1501_koike_01.jpg
写真/山本宏樹・デルタフォト

 相手が誰であろうと名前を呼び捨てにして、自分のペースを一切崩さずに会話の主導権をガッチリと握る“タメ口アイドル”として我が道を突き進む小池美由。うれしい報告をするとブーイングが起こり、最後の1曲になると「やったー!」と歓声が上がるファンとのお約束とも言えるやりとりは、早くからライブアイドル界で話題に上り始めた。2014年3月に出演した人気バラエティ番組『ゴッドタン』(テレビ東京)では特異なキャラクターがウケてアイドルファン以外にも知られる存在となり、ついに同年6月25日リリースのシングル「宇宙かくれんぼ」でメジャーデビューを果たした。2015年1月14日、満を持してリリースしたメジャー2ndシングル「泣き虫Princess」はオリコンデイリーランキング7位を獲得、ますます勢いを加速させている。  我々、取材班は「泣き虫Princess」リリース当日にタワーレコード渋谷店で行われたリリースイベントに突入。リリイベ終了後も高いテンションを持続する小池美由に直撃取材を敢行した。 ■自分で歌詞を書いているのに、ゴーストライターって疑われる ――オリコンデイリーランキング7位おめでとうございます! 小池美由(以下、小池) ありがとう! ――どんな気持ちですか? 小池 「イエイ!」って感じ。 ――それだけですか(笑)。曲の聴きどころを教えてもらえますか? 小池 小池が歌詞を書いているんだけど、普段からこういうテンションの小池が、こんな歌詞書くんだ~って思いながら聴いてほしいな。小池、いつもこんな感じだから「自分で歌詞書いてるよ」って言うと、ゴーストライターって疑われるの。今日もリリイベでみんなに言われた(笑)。 ――今回の歌詞のテーマは? 小池 誰もがプリンセスになりたかった頃があるじゃない? ――そうですね。 小池 あ、本当に? ――いやいや僕は男なのでないですけど……適当にあいづちを打ってしまいました。 小池 そっかそっか。それで小池はプリンセスになれなかったわけじゃない? けど本物のプリンセスだってなりたくてなったわけじゃないでしょう。そんなわけで今回の歌詞を書いたの。

自分で作詞したのにゴーストライターと疑われた!? 「泣き虫Princess」をリリースした小池美由に迫る!のページです。おたぽるは、catインタビューアイドルアイドル&声優インタビューの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
グラドル川崎あやが朝から悩殺ポーズ!午前中から脳ではなく別のところが覚醒しちゃうよ…new
歌手のELISAがぶりっこセルフィー公開!うぉぉぉっ!めっちゃかわいい!でもそんなことしなくても十分かわいいぞ!!
川崎あやのくびれが芸術的すぎる!完璧ボディーの持ち主なのに実に謙虚…
祝デビュー5周年 Machico Live Tour 2017「DAY’S melody:」東京公演ライブレポ!

ギャラリー一覧

天木じゅんちゃんは何してもぐぅエロ!
『メアリと魔女の花』はもう観た?