目指せコンプリート!! 日本マンガ家記念館巡り!! 第3回

 マンガ家として大成功した者だけが建てられる栄光の城……それが記念館だ!! と、いう訳で、全国のマンガ家記念館を巡ろうという当企画。第3回は、日曜日の夜の顔『サザエさん』の作者、長谷川町子の美術館を紹介する。

150125_rum05.JPG
長谷川町子美術館の全景。

『長谷川町子美術館』への最寄駅は、東京都世田谷区の「桜新町駅」。長谷川町子美術館に通じる道は、「サザエさん通り」と呼ばれていて、いたるところにサザエさんファミリーがいる。

150125_rum01.JPG
「サザエさん通り」。

 まず、駅前ではブロンズ像のサザエさんファミリーがお出迎え。アニメより、原作寄りの造形だ。こちらは波平さんの頭の一本毛が抜かれるたびに、ニュースになるブロンズ像である。あまりに毛が抜かれるので、現在はブロンズじゃなく、電気コードのような物で代用されている。
 
 銅像以外にも、美術館までの道のりには、さまざまなお店の前でサザエさんキャラクターの看板が掲げられていて楽しい。お寿司屋さんにはサザエさんと波平さん、八百屋さんにはマスオさんといった具合である。

150125_rum02.JPG
町の象徴的なアイコンとなっているサザエさん。

 それから、『リアン・ドゥ・サザエさん』という、ちょっとオシャレなカフェもある。サザエさん焼きやサザエさんラテアートなど、ゆかりの商品が楽しいお店である。

 こうしてサザエさん色満載の街を歩いて、長谷川町子美術館に辿り着いた。

サザエさん (1)

サザエさん (1)

マスオさんとの結婚前

サザエさんの家はブルジョワだった? 長谷川町子美術館で知る磯野家とその歴史のページです。おたぽるは、cat連載マンガ&ラノベ連載日本マンガ家記念館巡り村田らむ長谷川町子美術館の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!new
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!
人気コスプレイヤー・桜群のモコモコウサギが合法ロリすぎる!!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…