――さらなる多様性を見せるアイドルシーンにおいて、再び地方アイドルの存在感が高まりつつある。文化として地方アイドルが定着したのもあるが、地元に根差した活動で、周囲の動きに惑わされず着実に実力を伸ばしていることが大きな理由だろう。そこで「TopYell」(竹書房)や「月刊エンタメ」(徳間書店)などのアイドル誌で記事を執筆、年に一回のアイドルムック「アイドル最前線」(洋泉社)では編集にも携わるフリーライターの猪口貴裕氏が、2015年に活躍が期待される地方アイドル5組を独断と偏見でピックアップ!

1501_chihouidol_01.jpg
「光のシュプール」(初回限定盤A)

 2014年のアイドルシーンで個人的に大きなトピックスの一つが、12月2日にNegiccoがリリースしたシングル「光のシュプール」がオリコンのウィークリーランキングで5位を獲得したことだ。昨年はシングルをリリースする毎にランキングを上げ、初のトップ10入りが期待される中で結果を残したのであり、それを結成12周年目にして成し遂げたのが何よりの快挙だった。また、2013年から西寺郷太、小西康陽、矢野博康、田島貴男と手足れの音楽プロデューサーを招き、シングルのリードトラック制作を行ってきたが、グループ結成当時からNegiccoのプロデューサーを務めるconnieが「光のシュプール」の作詞・作曲を担当したことも感慨深かった。

 昨年はAKB48の大島優子やモーニング娘。の道重さゆみなど、長い歴史を誇る人気グループから次々と中心的メンバーが卒業した。またBiS、AeLL.、bump.yなど全国的な知名度を持ったグループが解散もしくは活動休止となり、結成11周年目のBerryz工房も2015年3月3日から無期限活動停止に入ることを発表した。長くアイドル活動を続けるのが、いかに困難なことかを考えさせられる1年だった。

1501_chihouidol_07.jpg
GALETTe公式サイトより。
1501_chihouidol_08.jpg
せのしすたぁ公式サイトより。

 さらなるステップアップを求めて東京に拠点を移す地方アイドルが多い中、Negiccoはメンバーの入れ替わりはあったものの、結成から現在まで地元・新潟県に拠点を置いている。現在の所属レーベルである「T-Palette Records」に至るまでいくつかのレーベルを渡り歩いてきたが、その姿勢は一貫して崩さなかった。楽曲の洗練度と反比例するように、今もデビュー当時と変わらぬ、初々しくて素朴な雰囲気を保っているのは地元在住なのが大きいだろうし、それがNegiccoの愛すべきキャラクターにも繋がっている。地方アイドルというポジションにこだわったからこそ、Negiccoのアイデンティティーがあるのは間違いないだろう。演歌歌手を彷彿とさせるNegiccoの地道でブレのない歩みは地方アイドル、ひいてはアイドル全体の指針になるはずだ。

 Negicco以外にも、昨年は仙台のDorothy Little Happyや大阪のEspeciaが高クオリティの楽曲を世に送り出して、これまで以上に高い評価を収めた。また福岡のGALETTeや福井のせのしすたぁ、山口の山口活性学院などもエネルギッシュなパフォーマンスが口コミで広がり、東京のアイドルシーンでも広く知られる存在になった。かように2014年はあらためて地方アイドルの多様性と底力を見せ付けられた1年でもあった。
 
 まだまだ地方には未知のアイドルグループがいくつも存在する。そこで2015年にブレイクが期待される地方アイドル5組を独断と偏見でセレクトした。

Negiccoなど地方アイドルが盛り上がりをみせる中…2015年ブレイク必至の地方アイドル5組を厳選!のページです。おたぽるは、アイドルアイドル&声優DIANNA☆SWEETFleuretteNegiccoStar☆Tご当地アイドルキャラメル☆リボンミライスカートの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!new
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!
人気コスプレイヤー・桜群のモコモコウサギが合法ロリすぎる!!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…