「2014 優勝」に潜入!

141229_seno01.jpg

 今年のライブアイドル戦線を「優勝」という言葉と共に引っかき回した噂の連中……といえば、福井発の3人組アイドル「せのしすたぁ」だ。噂の理由は、客が待つフロアのど真ん中に自ら突入して歌うだけでなく、19歳にして「酒焼けか?」と驚かせるハスキーボイスのまおが、全方向に向けて「おれにケチャしろ!」と激を飛ばす天下一品の煽りである。横浜アリーナで行われた『@JAM EXPO』をはじめとした各地のステージやYoutubeなどを通して、彼女たちのライブの様子は拡散し、一躍注目を浴びている。

 ちなみに、その日一番のステージを見せた時に、彼女たちとファンが叫ぶキーワードが「優勝」。決して、彼女たちやファンたちがほかのグループに対して攻撃的なわけではない。ただ、行く先々で、アイドル界での「優勝」を意識したかのような、圧巻なステージを見せてきたのは事実だ。

 ただ、最初は激しいステージパフォーマンスに目が行くものの、その暴れっぷりを支えるのは80年代ディスコをベースにした、踊れて口ずさみやすいメロディの”SENO-SOUND”。まお・ゆーたん・みかというバランスの取れた3人によるステージには、見ているこちらまでついつい笑顔で踊らされてしまうのだ。

 そんなせのしすたぁが、今年の集大成として東京で初となるワンマンライブを12月28日に開催した。そのタイトルは「2014 優勝」。この1年における優勝オブ優勝を決める気満々だ。

 会場は下北沢シェルターで、チケットはライブの約1週間前にソールドアウトした。直前に発売したCD『I'm sick too!!!』は各地のレコード店で完売。さらに新曲『TONIGHT』を無料ダウンロードでリリースし、ワンマンに向けての準備は万端。あとはもう盛り上がるしかない。

 ライブハウスが暗転し、怒号のような歓声の中で流れだした曲は『おもいきってI Hold You』。うねるベースラインと軽快なリズムに乗って「ベイス! ベイス!」と叫びながら、3人が紙袋を頭からかぶって登場。そのキラキラしたサウンドとは対照的な絶叫で応えるオーディエンスに袋を投げつけて顔を見せた瞬間、パーティの空気は完全にでき上がった。続くアルバム表題曲『I’m sick!!!』で「キミも相当クレージー」「まだまだこんなんじゃアソビタリナイノ」と歌い、フロアの熱を急激に上げていく。まさに病気そして高熱、Feverだ。

141229_seno02.jpg

MCでは「今日は客がうるせーなー!」「あらゆる珍獣が集まったからね!」と言いながらも、3人の顔は東京初ワンマンの日を迎えたことと、そして彼女らを見つめる無数の笑顔を前にしてニコニコだった。

I'm sick too!!!

I'm sick too!!!

新曲も気合い入ってます!

360°のサイリウムに囲まれてメンバーもファンも“優勝”!せのしすたぁの東京初ワンマンに行ってきたのページです。おたぽるは、アイドルアイドル&声優せのしすたぁライムベリー地下アイドルの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
歌手のELISAがぶりっこセルフィー公開!うぉぉぉっ!めっちゃかわいい!でもそんなことしなくても十分かわいいぞ!!new
川崎あやのくびれが芸術的すぎる!完璧ボディーの持ち主なのに実に謙虚…
祝デビュー5周年 Machico Live Tour 2017「DAY’S melody:」東京公演ライブレポ!
人気コスプレイヤー・サク 美顔すぎるすーぱーそに子コス披露!でも体のムチムチ具合は完全再現!!

ギャラリー一覧

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
『メアリと魔女の花』はもう観た?