1412_lezhincomics.jpg
第1回 レジンコミックス 世界 マンガ コンテスト公式サイトより。

「少年ジャンプ+」(集英社)をはじめ、スマホやタブレットなどでマンガを読む機会が多くなっている昨今。今後は一層大きなマーケットとして、デジタルマンガは広がりを見せることでしょう。

 そんなデジタルマンガが今、韓国で急速に広がっています。12月23日放送の『ワールドビジネスサテライト』(テレビ東京)は、韓国のデジタルマンガ事情を紹介。韓国では現在、紙媒体のマンガは出版不況ですが、相対的にデジタルマンガの隆盛が著しいといいます。また、その読者だけでなく、芸能人に憧れるような感覚でデジタルマンガ家になりたい人も増えているとか。

 こうした流れを受けて、去年6月にはデジタルマンガ専門の出版社・レジンコミックスが登場。わずか1年半で会員230万人を獲得し、これまでに10億円以上の売り上げをあげているそうです。その特徴は課金システム。レジンコミックスは日本のマンガアプリと同じく、基本的に読むのは無料で1週間など一定期間待てば続きも読めるというもの。しかし、課金をすればすぐに続きを読めるというシステムを導入。すると、利用者の15%が課金するという結果になりました。課金システムは利用者の5%が課金すれば成功と言われているので、この数字は驚異的ともいえるでしょう。

 また、韓国のデジタルマンガは企業広告の分野にも進出しています。番組では自社サイトでギャグマンガを連載している韓国の化学メーカーを紹介。2013年にマンガを公開すると、若者を中心にうけ、今年は同社に入社志望の大学生が殺到したとか。この会社は法人間で取引をする、いわゆるBtoB企業。同社の常務は「対外的な広報力の弱さをデジタルマンガでカバーし、多くの人が会社に興味を示してくれた」と、その効果を実感しているようでした。

 こういった韓国のデジタルマンガには、新しいマーケットを作り出す力があると、海外からも熱い視線が。アメリカ「マーベル」のセブルスキ副社長は「韓国のデジタルマンガが翻訳・輸出され、クリエイターたちがこのスタイルを採用している、韓国はデジタルマンガ市場で画期的な作品をつくりはじめている」と評価。たしかに韓国のデジタルマンガを見ると、効果音や声が入っていたり、絵が動くといった作品が日本に比べて多く見られます。あのマーベルが太鼓判を押すほどの韓国のデジタルマンガ、今後の動向にも注目です。

月刊 コミックアーススター 2014年 12月号 [雑誌]

月刊 コミックアーススター 2014年 12月号 [雑誌]

日本ではデジタル化したマンガ誌が。

盛り上がりは日本以上!? アメリカの「マーベル」も太鼓判を押す、韓国デジタルマンガ事情のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ出版業界事情デジタルマンガレジンコミックスの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
【ソフマップ】グラビアアイドル河村美咲が“本気で悶絶”!?「すごくセクシーで……」new
【ソフマップ】「普段しない動きを……」お嬢様グラドル工藤紬が初のDVDで“全部”出しちゃった!?
【ソフマップ】アイドルグループ「放プリユース」田中あさみに“筋肉フェチ”が殺到中! チャームポイントで、ふくらはぎ!?
【ソフマップ】“横乳プリンセス”Gカップグラドル十枝梨菜が、彼氏と熱愛旅行へ!?

ギャラリー一覧

VR×エロ最高!!!!!
おそ松もまさか舞台化されるとは…!