――毎日、何本ものアニメが目まぐるしく放送されている現代日本。これだけ放送本数が多いと、見るのだって一苦労……。そんな悩める現代オタクのため、「おたぽる」がオリジナル作品を中心にテレビアニメ・レビュー! これさえ読めば、気になるあのアニメのあらすじから評判までがまるわかり!!※本文中には“ネタバレ”が含まれていますので、ご注意ください。

■『ガンダム Gのレコンギスタ
第11話「突入! 宇宙戦争」

1412_greco11.jpg
ガンダム Gのレコンギスタ公式サイト内より。

【今週の極私的見どころ!】
 ついに始まる宇宙戦争! 各陣営の思惑が錯綜することで、状況は刻々と悪化していくのがわかる今回。小競り合いが、いつの間にか取り返しのつかない状況へと変化してしまっていた、というある意味リアルなストーリーが展開する模様が見どころです!

 とはいえ、いきなりメガファウナ&キャピタル・ガード連合軍、キャピタル・アーミィ、アメリア軍宇宙艦隊、クリム・ニック(CV:逢坂良太)率いるサラマンドラ部隊と四つ巴の乱戦状態となり、視聴者としては何が起きているのかわかりにくい点もあったような? 今回は、各陣営の目的に注目しながら見るとわかりやすいかもしれません。

 あと、ちらほら見え隠れする過去作のオマージュ的な描写にも注目です。


【今週のおすすめ度】
★★★☆☆
(前回のあらすじはこちら

 久々に宇宙に上がったメガファウナ。甲板ではMSによる艦の補強作業が行われています。ここで前回から引き続き、ケルベス(CV:須田祐介)が「戦友!」とベルリ(CV:石井マーク)に同僚アピールが飛び出します。こういうノリのいい先輩っていいですね。女性ファンはうはうはでしょうか。

 一方ブリッジでは、アイーダ(CV:嶋村侑)とノレド(CV:寿美菜子)が宇宙に上がったことでラライヤ(CV:福井裕佳梨)が暴れないように、椅子に縛りつけようとしています。一見、女子同士の緊縛プレイっぽく見えて、こちらは男子ウヒョウヒョって感じ? これから宇宙戦争が始まるなんて微塵も感じさせないほのぼのムードで幕が上がります。

 かと思えば、クリム・ニック指揮するアメリアの戦艦・サラマンドラが、キャピタルタワー占拠のために動き始めたという重要な情報が飛び出します。今回のメガファウナの目的は「サラマンドラの作戦行動を中止させること」です。

 またアメリアは、国営放送でキャピタル・テリトリィに向けて宇宙艦隊を発進させたことも判明します。これはスルガン総監(CV:木下浩之)も知らなかったことの様子。大統領の独断で派遣が決定したそうです。ほぼ同時期に、キャピタル・アーミィのマスク部隊もキャピタル・タワー防衛のために出撃開始します。エルフ・ブルックを宇宙用に改修したような新型MS・マックナイフが登場。

 さらにサラマンドラ艦隊も登場。「モビルスーツ大好き男」「アメリア軍を自分のものだと思っているような青年」など、アイーダからは好戦的な男として認識されている節のあるクリムが指揮を執るだけあって、パイロットたちを煽る手腕もバッチリ。パートナー(恋人?)のミック・ジャック(CV:鷄冠井美智子)とのコンビネーションで、艦内の士気をグイグイ引き揚げます。女性をうまく使ってみせるあたり、『Zガンダム』のシロッコを思い起こさせます。なんだかメガファウナ勢と敵対しそうな雰囲気すら感じさせますが……、ともあれ一気に情勢はきな臭くなってきます。

 女性と言うと、マスク大尉の中の人ことルイン(CV:佐藤拓也)のガールフレンド・マニィ(CV:高垣彩陽)にも危険なフラグが。キャピタル・アーミィの戦艦スペース・ガランデンにマスクが着艦した時、部下の女性パイロット・バララ(CV:中原麻衣)と行動をともにしているのを目にしたマニィは、「ルインはクンタラの名誉を懸けたはずなのに」と暗い表情を浮かべます。ここで女性同士のバトルの火種が出現か? こんな具合に、ちらほらと黒い富野成分が見え隠れし始めました。いつこれらが暴発するか……。富野ファンとしては不安半分、期待半分といったところです。実況コメントでも、「NTR」「嫉妬」「修羅場」「その感じ方が危険」など、にわかに黒富野的展開を予感するコメントがちらほら出現しています。……それにしてもマニィ役の声優・高垣彩陽は、こういう不幸な女性キャラは完全に十八番な感じですね。今後の演技にも期待です!

 さて、場面は変わって地球。アメリアの都市ニューアークで、アメリアのズッキーニ大統領(CV:小島敏彦)の演説会場に、宇宙から帰還したスルガン総監がパラシュートで到着! そして宇宙服を脱ぎつつ前進するその様は、まさにダイナミック! ウィルミット(CV:田中敦子)といい、スルガン総監といい、『Gレコ』ワールドの大人は行動力ありすぎます! ここで明らかとなるのが、アメリアがなぜキャピタル・タワーを狙っていたのかという目的です。現在、戦争中のゴンドワン侵略の橋頭保としてタワーを占拠しようとしていたとのことです。つまり、サラマンドラは「橋頭保確立のためにキャピタル・タワーを目指している」というわけです。それをサポートすべく、大統領はアメリア宇宙艦隊を出撃させてしまったということで、もはや後戻りはできない状況。そんなわけで、スルガン総監も「軍隊を指揮する立場」なので、本意ではないながらも宇宙艦隊を率いてサラマンドラの後方支援のために宇宙に上がることになります。

 しかし、スルガン総監は艦隊の目的地をキャピタルタワー最上部のザンクト・ポルトに指定します。フォトンバッテリーを受け取る港であるザンクト・ポルトは、スコード教の聖地とも呼ばれる場所。ここで法皇を人質に取る……という物騒な作戦を立てます。というわけで、アメリカ宇宙艦隊は「法皇確保のために宇宙に上がる」ことになります。う~ん。アメリア、なかなかの武闘国家ですね。

 ちなみに、アメリアは実在のアメリカ合衆国がモデルになっていると思われますが、『Gレコ』の後の時代を舞台にした『∀ガンダム』でも、物語の舞台の大陸が北アメリカ大陸にあたる「アメリア大陸」だったりします。また、初代『ガンダム』でガルマが戦死した都市が「ニューヤーク」という名前だったことから、もしかしたら大統領たちが喧々諤々と言い争った場所は、数千年前にアムロたちが戦った土地なのかもしれません。

 また、宇宙世紀の技術を使って建造されたというアメリア宇宙艦隊の戦艦ラトルパイソンのシルエットは、『Vガンダム』に出てきた戦艦アドラステアっぽくも見えます。『Gレコ』は過去作品とのつながりを感じさせる演出がちらほらと入っているので、ほかにもそういう箇所を探してみるのも面白いかもしれませんね。

 Bパートは開幕から戦闘シーンです。と、ここでマスク部隊の目的が「G-セルフとラライヤの確保」と「キャピタル・タワーの護衛」という両面作戦になっていることが判明。

 整理すると、キャピタル・タワーを占拠したいサラマンドラ隊。それを阻止したいメガファウナ。サラマンドラを後方から支援しつつ、あわよくば法皇確保まで行いたいアメリア宇宙艦隊。そしてそれらを阻止しつつ、G-セルフとラライヤを奪還したいキャピタル・アーミィの戦いが始まるわけです。う~ん、複雑だ!

 にしても、MSのカタパルトからの出撃シーンは燃えますね! ジャズロックテイストなノリのいいBGMも相まってテンションが上がってきます。これぞガンダム! という感じのシーンが続出します。正確な戦況分析と作戦行動をとった上に、「ミノフスキー粒子まいたってのはだなあ、接近戦でやられるってことよ!」「初めての宇宙戦で蜂のように舞い蝶のように刺す!」など、いかにもゲーム『スーパーロボット大戦』で使われそうな名台詞を連発するクリムに、視聴者からも「さすが天才だ」と称賛の声があがる一方、メガファウナでは相変わらず周囲に心配ばかりかけさせるポンコツ姫ことアイーダ様。もはや完全に地雷扱いですが、本人はそうと気づいていない様子なのがまたかわいらしいです。ベルリのあしらい方も慣れた感じになってきて、笑いを誘います。

 そんな軽快なバトルシーンから一転、マスクのマックナイフと対峙したベルリは、MSから降りて初の対面を果たします。ノリはまさに『0083』のコウとガトー。緊迫感あふれる初の対面は、ベルリの抵抗と味方の突貫攻撃でうやむやのまま終了しますが、マスクは「どこにいても飛び級生は俺の邪魔をする」と悪態をつきます。どうやらルインは、かねてよりベルリのことを疎ましく思っていたようです。それが本心なのか、それとも強化の影響で悪意が肥大化したのか……。まさに今週のハイライトと言ってもいい場面です。やはり主人公とライバルの対面シーンは盛り上がります。

 そして今回のもう一つのハイライトは、ベルリとアイーダの連携攻撃です。G-セルフが放った「質量のある残像」っぽい攻撃に虚を突かれたバララのマックナイフに、G-アルケインから放たれたビームが直撃! 敵を後退させることに成功します。ひょっとしてアイーダ様初の金星じゃないですか? これも愛の力ですか? ともあれ、初の宇宙戦争はこれにて終了。メガファウナの行動のせいで、結果的にサラマンドラの作戦は失敗に終わりますが、アメリア宇宙艦隊は引き続きザンクト・ポルトを目指します。ベルリ曰く、「軍隊がそんなところに行ったら祟る」そうですが、果たしてそこ待つものとは……。

 ちなみに次回予告では、∀ガンダムでロランが使っていたものと同じマニュアルを、ベルリが持っているシーンが描かれていたことで一部のガンダムファンを騒然とさせていますが、G-セルフはまさか∀のお兄さんのお兄さんに当たったりするんでしょうか。その辺も気になりますね! 今週の次回予告の決めゼリフは「見えない敵は怖い!」でした。
(文/受動 明日)

過去作のオマージュ描写にも注目! 錯綜する状況がリアルな『ガンダム Gのレコンギスタ』のページです。おたぽるは、アニメ作品レビューガンダム Gのレコンギスタ富野由悠季機動戦士ガンダムの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
きょう肉肉の合法ロリっぷりがやばい!スクール水着に園児帽!そしてパイパン!!new
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…