圧倒的な歌唱力でファンを魅了!

 AKIBAカルチャーズ劇場での定期公演『アキバで頑張るネッサンス!!』もスタートし、カバー楽曲の話題性だけではない圧倒的なパフォーマンス力と、デビュー半年足らずのフレッシュさが噂を呼び、予想以上のスピードでファンを増やしているアイドルネッサンス。そんな彼女たちが、11月1日にはじめての自主企画「スマイルネッサンスvol.1」を都内某所で開催した。今回はセンターを務める石野理子の生誕イベントということで、いつも以上にあたたかい空気に満ちたライブとなった。

こちらが今回の主役!(アイドルネッサンスYouTube公式チャンネルより)

 今回のイベントはチケットも通販限定/当日券なしとあって、この日に向けて準備をしてきたファンたちは、開演前からいつも以上に“出来上がってる感”があった。そんな中で始まった1曲目は『ガリレオのショーケース』。高い歌唱力はもちろん、メーターの針が振り切れそうなヘドバンはじめ激しいアクションも強烈で、『ガリレオのショーケース』=石野理子のイメージが強い曲だ。そこから『シャングリラ』『初恋』と続いたのだが、後のMCによると、この日のセットリストは石野がメインとなる曲を皆で選んで考えたといい、まさしく宮本茉凜が言うところの「石野理子まつりー!」なものだった。

次代のアイドル界最強センターの生誕を祝福! アイドルネッサンスの自主企画ライブで石野理子の存在に感謝!の画像1

 続けて『Good day Sunshine』、そして『Butterfly』では「理子を囲んで、祝うように振り付けしてみた」という、この日限定のオリジナルのダンスも披露。石野自身も、「幸せな気分になりました!」とニコニコだった。

次代のアイドル界最強センターの生誕を祝福! アイドルネッサンスの自主企画ライブで石野理子の存在に感謝!の画像2

 そんな温かい空気になったところで、この日ならではのコーナー「お客様の質問に答えルネッサンス」に突入。寄せられた質問にメンバーが答えるこのコーナー、「アイドルネッサンスという名前をどう思っているか?」「アイドルネッサンスあるある」「グループ内で部活を立ち上げるなら」といった質問に対し、メンバーが赤裸々に回答をしていく。

次代のアイドル界最強センターの生誕を祝福! アイドルネッサンスの自主企画ライブで石野理子の存在に感謝!の画像3

 途中、「理子に直してほしいところ」という質問が飛び出すと、メンバーから「ネガティブなところ」と言われる石野。そこへ宮本茉凜から「だいぶ直ってますよ!『新人公演』で1位になってからずいぶんポジティブになった」とフォローされ、石野自ら「1位とったらそりゃ自信つきますよ!」と言い返していた。しかし「理子自ら描いたイラストの生誕Tシャツをどう思いますか?」という質問に対しては、「何それ? 何それ?」と返事も待たずに全力で食いついてくるところに抜けないネガティブさがうかがえつつ、それもまた反応が過敏過ぎる小動物のようで愛らしいといいますか……。

 そしてここからがこの日のメインイベント、“石野理子生誕企画”だ。先の生誕Tシャツを着て「着ると悪くないもんですね!」とややドヤ顔気味な笑顔で登場した石野は、アコースティックギター1本をバックにまずはソロで2曲を披露。1曲目はメンバー6人のコーラスと共に送る『Jamaica Song』(Booker T)。洋楽好きとはいえ、英詞の曲を歌うのも驚きだが、その力強くも透き通るような声がアコギに映える。彼女の声に優しく絡む6人のハーモニーも美しかった。

次代のアイドル界最強センターの生誕を祝福! アイドルネッサンスの自主企画ライブで石野理子の存在に感謝!の画像4

 そして「所属事務所のオーディションで歌った思い出の曲」と前置きして歌い始めた2曲目が『ノスタルジア』(いきものがかり)。これが「中学2年生の歌?」と思わずにいられない、瑞瑞しくも憂いを帯びた声に客席すべてが惹きつけられる。あらためて、シンガーとしての圧倒的な能力を再確認させられたひと時だった。同時に、彼女があえて“アイドル”の道を選んだことへの感謝の気持ちもこみ上げてきた。

去年、アイドルネッサンス加入前に石野理子が披露していた『ノスタルジア』。中1でこの歌唱力とは……感動です!(YouTubeより)

 と、その直後に、彼女には知らされてなかったサプライズ企画が! メンバー撮影による石野の“NGな写真”をスクリーンに大写しするコーナーだ。メンバー相手だからこその気を許しまくった変顔、珍ポーズの数々に頭を抱えて「うわー! うおー!」と吠える石野。さっきまでの大人びた姿もどこへやら、だ。ファンとしては、この落差もまた、あらためてアイドルとしてたまらなく魅力的なところなのだけれども……。

次代のアイドル界最強センターの生誕を祝福! アイドルネッサンスの自主企画ライブで石野理子の存在に感謝!の画像5

 ファンから花束とメッセージカードを贈られ、誕生ケーキのロウソクの火を吹き消した後は、彼女が通っていたアクターズスクール広島の同期生である「SPL∞ASH」の今村美月からの手紙、続いてアイドルネッサンス各メンバーが手紙をそれぞれ読み上げる。「普段は『ぽん!』『ぼん!』と呼び合う中なのに、取材だと『佳奈ちゃんは……』と言う」(橋本佳奈)、「説明会の時、顔がすごく怖かったけど人見知りだと後で知った」(宮本茉凜)などといったエピソードから、「ぽんの歌で世界を救ってください」(比嘉奈菜子)とデカすぎるお願いまで、その中身は多種多様。

 そして生誕企画も終盤にさしかかると、石野のゼロ歳から現在までの14年間の写真がスクリーンに映しだされる。メンバーやスタッフ、家族、そしてファンへの感謝を告げる石野からのメッセージが読まれた。

次代のアイドル界最強センターの生誕を祝福! アイドルネッサンスの自主企画ライブで石野理子の存在に感謝!の画像6

 広島市に生まれ、幼稚園の卒園式で「将来の夢はアイドル」と宣言。小学2年生でアクターズスクールに合格、中学1年生でアイドルネッサンスの候補生になり、デビューへ……。「候補生に選ばれて1年、悔しいこともあったし泣いたこともあった」という石野だが、「メンバーやスタッフ、家族、ファンに支えられてる」と話す瞳の輝きは、今の充実度を示しているようだった。

 イベントを締める最後の曲は、彼女たちのファーストシングル『17才』。ここで歌われるような“キラキラした時代”を、彼女がこれからどう輝きながら駆け抜けるのか。あらためて石野理子がアイドルネッサンスのセンターであることに感謝したくなる、そしてアイドルネッサンスのこれからが楽しみになるイベントだった。

 次回の「スマイルネッサンスvol.2」は、橋本佳奈生誕企画などを盛り込み、12月14日に開催決定。詳しくは公式サイトからの発表をお待ちください!
(文/大坪ケムタ)

【***次ページの写真ギャラリーもお楽しみください!***】

十七歳

十七歳

アイドルネッサンスといえばこちら!

次代のアイドル界最強センターの生誕を祝福! アイドルネッサンスの自主企画ライブで石野理子の存在に感謝!のページです。おたぽるは、アイドルアイドル&声優アイドルネッサンス地下アイドルの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
佐藤レイミがお胸が強調された黒のハイレグ水着姿に挑戦! ベッドのシーンは「甘えたり、命令したり……」new
松本菜奈実のボインをチェック!! DMMアダルトアワードの“テッペン”を獲る「ビットボインでボインチェック」とは?
伊川愛梨、私も腰を振って「大人の感じ」を演出!? ロリ巨乳だけど、小さめ水着も「意外と大丈夫」
瀬田あやの、撮影ではみ出しまくりだった!? 2枚目のDVDは「みんなから『エロイ』と絶賛」

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…