■「高杉さんに演じてもらえて作品に深みが出ました」『ぼんとリンちゃん』トークイベント・レポート

1410_takasugi_02.jpg
高杉真宙と小林啓一監督。

 9月20日(土)より新宿シネマカリテ他にて公開された映画『ぼんとリンちゃん』。本作は腐女子とアニヲタのコンビが親友を救出するべく奮闘する中で現実の壁と向き合わざるを得なくなる青春物語。

 新宿シネマカリテでの公開最終日となった10月17日(金)、ゲストに本作主演の高杉真宙が登壇し、本作監督の小林啓一監督とのトークイベントが行われた。満席となった場内は、高杉が登場するやいなか歓声の嵐に包まれた。

 この日、高杉は劇中衣装にて登場。客席からは、「かわいい!」の歓声があがる中、少し照れながらも高杉本人もお気に入りだという衣装について説明。高杉は「この衣装は、『化物語』の阿良々木君のイメージで中二病っぽい感じを出すためにオリジナルで衣装を作ってもらったんです」と語った。一方、小林監督は撮影現場での高杉の様子について触れ、「撮影が毎朝早くって、朝5時に待ち合わせてやってたよね。そういえば高杉さんはある朝、眼帯つけてきたこともあったね」と語った。眼帯をつけて登場したのは、小林監督を元気づけるためだったという。このエピソードは、『ぼんとリンちゃん』舞台挨拶時に、小林監督から暴露されていたこともあって、高杉は「僕、ふっきれて、眼帯つけて動画撮影したんです。アニメで『中二病でも恋がしたい!』っていう作品があるんですけど、その中で主人公の富樫勇太の台詞で、“我が名はダークフレイムマスター”っていう台詞があるんですね。それを真似して(笑)出来上がりを観たら、これホントに動画アップしていいのかな?っていう出来だったんですけど、スタッフさんに『大丈夫です!いけます!いけます!』って言ってアップしてもらいました。なんか、ホントにただのオタクでした(笑)」と語ると会場は笑いに包まれた。

1410_takasugi_03.jpg

 また今回の役どころが“オタク役”ということもあり、コミケに勉強のために来場したエピソードについても触れ、「普通に一般の皆さんの列に並んでいきましたね。ちょうど2012年の冬コミだったんですけど、僕はコスプレしている人達をずっと観てました。あの後、友達に誘われて2013年の夏コミにも行きました。友達からは“なんで先に行っちゃうんだよ!”って言われて。別の友達には、僕自慢気に“コミケ行ったんだぜ!”って言ったら、“えっ!?まだ行ってなかったの?”って言われたりもしましたね」と語り、会場の笑いを誘った。

「そろそろ映画の話もちゃんとしないといけないですね。僕、『ぼんとリンちゃん』の小説版を読んだ時、“もっとリンちゃんを演じたい”って思いました。やっぱり映画では描かれなかった背景とか過去の出来事が沢山入っているから、自分の台詞みたいなイメージで読んでました。面白かったです」と高杉が語ると、小林監督は、「小説は映画を撮った後に書き始めたから、高杉君のイメージを持ちながら書いたんです。だからとても書きやすかった」と語った。

 また高杉の演技について、「実はとても細かいお芝居をしているんですよね。ぼんちゃんがあまり落語は好きではないって台詞で言っている時とか、リンちゃんはぼんちゃんが本当は落語が好きなことをしっているから、驚いたように“エッ!?”って驚いた表情をしていたりとか。だから、実はリンちゃんの表情から、ぼんちゃんの本音と建前が見分けられるようになっていますね」と語ると、高杉は「演技は自然にやっていました。あんまり深くは考えてなくて、リハのときやってなかったことを本番ではやっていたりして、映画を観て、自分でも驚いたんです。あんまり自分の出た作品を何度も観ることはしないんですが、『ぼんとリンちゃん』については観ることが出来るのには、そういう理由もあるのかもしれないです」と語った。そして、小林監督は、「高杉さんは、客観的にリンちゃんという役をとらえてくれていたのが、良かった。リンちゃんだったらこうするだろうということを客観的に感じてくれて演じてくれたから、映画に深みが出たなと思っていますし、感謝しています」と語った。

 昨今では舞台「里見八犬伝」の他、レオパレス21のCM等、今乗りにのっている若手人気俳優の登壇に終始、会場は大きな拍手と笑いに包まれる、東京での公開最終日は大盛況となった。

 映画『ぼんとリンちゃん』は今後、京都、福岡、札幌その他全国にて順次上映を予定している。
【公式レポートより】

■映画『ぼんとリンちゃん』
公式サイト:http://bonlin.jp/
名古屋シネマテークほか全国順次公開中
監督・脚本・撮影:小林啓一
出演:佐倉絵麻、高杉真宙、比嘉梨乃、まつ乃家栄太郎、桃月庵白酒
主題歌:『迷子のリボン』作詞・作曲40mP/同人誌制作:星野リリィ
製作:マイケルギオン、フルモテルモ
日本/2014/カラー/91分/アメリカンビスタサイズ/(C)ぼんとリンちゃん

衣装は『化物語』の阿良々木をイメージした!? 高杉真宙のオタクっぷりが炸裂『ぼんとリンちゃん』トークイベントレポのページです。おたぽるは、その他リリース情報ぼんとリンちゃん高杉真宙の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ